知っている

この記事は約 2 分で読めます。

今回紹介する敬語はラ行五段活用動詞の

「知っている」と言う言葉です。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「知っている」の敬語まとめ!尊敬・謙譲・丁寧語別で解説!
ことのは先生
これは
連用形「知る」
接続助詞「て」
補助動詞「いる」
の組み合わせです。

今回はこの「知っている」の

敬語を見ていきたいと思います。

「知っている」の尊敬語は?

4955785 s 300x200 - 「知っている」の敬語まとめ!尊敬・謙譲・丁寧語別で解説!

「知っている」の尊敬語は

①「ご存じ」

となります。

 

「ご存じ」の元は「存じる」でしたが、

それが連用形になり

「ご存じ」になったのです。

 

使い方として

「もうご存じかもしれませんが、

今日は終了したようです。」

のように使います。

 

この「ご存じ」の類語「承知」なども

よく敬語で使われる言葉ですね。

 

さらに、場合によっては

「○○のご経験はおありでしょうか」

「○○のニュースをご覧になりましたか」

などと言い換えられますので、

状況によって適切なものを選びましょう。

「知っている」の謙譲語は?

riccardo annandale 7e2pe9wjL9M unsplash 300x240 - 「知っている」の敬語まとめ!尊敬・謙譲・丁寧語別で解説!

「知っている」の謙譲語は

「あなたを知っている」

「あなたの会社を知っている」

というようなシチュエーションで使います。

 

「知っている」の謙譲語は

②「存じ上げる」

③「存じる」

となります。

 

②「存じ上げる」は「存ずる」という動詞に

「上げる」を付け加えた言葉で、

「知る・思う」という意味があります。

 

使い方として

「以前から、存じ上げております。」

のようになります。

 

注意点として、「存じ上げる」は

質問したり疑問に思って聞くときは

使えませんので、その際は

「ご存知ですか?」を使いましょう。

 

③「存じる」は自分自身が

相手の状態を把握した時に使う言葉で、

「予定の変更について存じております。」

のように使います。

 

「存じる」の類語と言えば、

「分かる」がありますが敬語には不向きですね。

「知っている」の丁寧語は?

4247943 s 300x212 - 「知っている」の敬語まとめ!尊敬・謙譲・丁寧語別で解説!

「知っている」の丁寧語は

④「知っています」

となります。

 

④「知っています」は丁寧語なので、

語尾は「です」「ます」になります。

 

使い方として

「私は彼女が引っ越したことを

以前から知っていました。」

のような感じになります。

 

どうでしたか?

「知っている」の類語として、

「心得る」があります。

 

これでしたら、敬語としても

おかしい言葉ではありませんので、

敬語で自分に合った言葉が無い時は

こういった類語も考えてみると

良いかもしれませんね。

他の記事を見る

気に入った言葉のTシャツを作る

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生公立高校国語教師・漢字検定準1級
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえる記事を書くよう心がけています。率直な意見や感想コメント貰えると嬉しいです。