2002bef4c9cff48cdd4e51c075ce3a80 s e1517629231642 - 「提供」の意味から対義語を徹底解読!

この記事は約 3 分で読めます。

 
「提供」の対義語は何でしょうか?

 

「提供」は人に何かを与える時に

使われる言葉です。

 

反対の言葉は受け取るイメージの言葉を

思い浮かべると思います。

 

一見するとすぐに思い浮かぶと思いますが、

その言葉は本当に対義語として

適しているかどうかは、

難しい事がよくあります。

 

今回はそんな

「提供」の対義語についてまとめました。

◇合わせて読みたい記事

「提供」の類語とその意味、使い分け方法まとめ!

今知っておきたい言葉「令和」
今「令和(れいわ)」何年?意味や由来は?

「提供」の2つの意味は?

「提供」は「ていきょう」と読みます。

 

「提供」の意味は

①「人の役に立てるように

自分の持っているものを差し出す事」

3bd7971410ab700847a83429ed2f8d34 s 300x225 - 「提供」の意味から対義語を徹底解読!

②「スポンサーがCM等の広告主となり、

テレビに番組として公開する事」

78f22928fbb80d11f67ba311de4b7249 s 300x200 - 「提供」の意味から対義語を徹底解読!

となります。

 

②は少し特定の意味になってしまいますが、

「ご覧の提供でお送りします。」

とよく聞きますよね?

 

つまり、自らが相手に

役立ててもらう為に行う行為で、

必ずしも金銭や物品とは限りません。

 

献血などもそうなので

「自分の血」

なども提供することができます。

 

例えば、

「献血で自分血を提供したら、貧血になった。」

「着る事がなくなった衣類を提供した。」

などと使われます。
 

スポンサーリンク


「提供」の対義語は?

 
「提供」の対義語は

明確に当てはまるものはない

と考えられています。

 

対義語は

「ある一つの関係を、

それぞれ逆の立場から見た言葉」

という意味を含んでいます。

 

この事から、「提供」の対義語は

提供される側から見た言葉が

適している事になります。

 

そんな「提供」の対義語として

当てはまる言葉を4つを

紹介したいと思います。

①「受領(じゅりょう)」
 
5a81d666d349b2d84b2d9479f59989a7 s 300x225 - 「提供」の意味から対義語を徹底解読!


 
「受領」の意味は、

「金銭や物品を受け取る事」

などがあります。

 

現在は、仕事などで

金銭や書類などの受け渡しがあった時に

使われる事が多くあります。

 

例えば、

「お送り頂いた資料を、

確かに受領致しました。」

などと使われます。

 

②「収受(しゅうじゅ)」
 
95e0622a21d5e87fee45a8759b437bdd s 300x178 - 「提供」の意味から対義語を徹底解読!


 
「収受」の意味は、

「金銭や物品を受け取っておさめる事」

「特に金品を不正に受け取る事」

などです。

 

受領と同じく、

行政や仕事上での金品の

受け渡しで使われる事が多くあります。

 

例えば、

「不正な金銭を収受して、便宜を図る。」

などと使われます。

 

③「搾取(さくしゅ)」
 
3acb0a19b52fbd20107c3f63fd611503 s 300x200 - 「提供」の意味から対義語を徹底解読!


 
「搾取」の意味は、

「階級がある社会(会社など)において

必要以上に労働させ、

そこで生産された物を対価無しに手に入れる事」

があります。

 

これは

「無償の愛という形で、

家事をしてもらう事」

としても使われたことで

有名な言葉でもあります。

 

つまり、お金だけでなく

単純に強者から弱者から

何かを奪う時に使います。

 

例えば、

「愛情の搾取だ!」

などと使われます。

 

④「享受(きょうじゅ)」
 
0c87ea05fdfa0c8c095eaa4fd628553a s 300x200 - 「提供」の意味から対義語を徹底解読!


 
「享受」の意味は、

「あるものを受けて、自分のものにする事」

「受け入れて、自分のものとして楽しむ事」

などがあります。

 

精神的な面や物質的な面のどちらでも、

それを受け入れて

楽しんでいる時に使います。

 

例えば、

「会員限定のサービスを享受する。」

などと使われます。

 

この例文で示した通り、

サービスを享受するという

使い方はよくあります。

 

サービスを提供する

という使い方もするので、

「享受」は「提供」の対義語として、

大きく部分が当てはまると思います。

 

ただ、

提供されたものが必ずしも

役に立ったり、利益となったり、

楽しめたりするとは限りません。

 

そのような点から、

対義語と言うまでは

至らないと考えられます。

 

対義語の難しいところは、

反対の意味だけではないという事の他に、

必ずしも存在するとは限らないという事です。

 

そのため、

曖昧な部分がある時は、

無理に対義語としない事もよくあります。

 

日本語は奥が深いですね。

 

せっかく「提供」の対義語を知ったので、

合わせて類語も見ておきましょう!

「提供」の類語とその意味、使い分け方法まとめ!