けりをつける

この記事は約 3 分で読めます。

今回は慣用句「けりをつける」を

徹底的に解説していきたいと思います。

 

さっそく、漢字表記についてですが、

普通に考えたら

「蹴りと付ける」と考える人が

多いのではないでしょうか?

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「けりをつける」の正しい漢字、意味、語源を解説!類語や英語も紹介!
ことのは先生
しかし、
「けりを付ける」
が正しい
漢字表記となります。

「けり」は平仮名ですが、昔の人は

鳥の「鳧(けり)」を当てていました。

 

ただし、当て字のようなものなので

正しい漢字表記とは言えませんし、

そもそも「けり」の由来は

この鳥とは全く関係ありません。

 

それでは、まずはこの言葉の意味や

語源などを見ていきましょう。

「けりをつける」の意味は?

light bulb gfa11be678 640 300x198 - 「けりをつける」の正しい漢字、意味、語源を解説!類語や英語も紹介!

まず「けりをつける」とは、

「やり遂げるのが困難な物事に対し、

例え完遂できなくても

自分の納得がいく結論や状態にまで

持って行って終わらせること」

を意味します。

 

例えば叶わない片思いをしている時、

「結局叶わないのなら、

この恋を終わらせよう」と、

気分の気持ちに諦めたことはありませんか?

 

この行動が、

「叶う可能性が低い恋愛に踏ん切りをつける」

という意味で、

「けりをつける」ことになるのです。

 

他にも中々話し合いが終わらない時、

多数決の結果で決めようと

「結論が見えない物事を

話し合いに持って行こうとする」

という意味で使います。

「けりをつける」の語源は?

back to school g89b344065 640 300x198 - 「けりをつける」の正しい漢字、意味、語源を解説!類語や英語も紹介!

この慣用句の語源は、

大きく分けて2つの説があげられます。

 

一つ目は、

「古文単語であるけり」

が由来しているという説です。

 

ここでの「けり」の意味は、

「~だった」という過去

「~だなあ」という感動

を意味する助動詞のこと。

 

例えば、竹取物語に

「今は昔、竹取の翁(おきな)

といふ者ありけり」

という一文があります。

 

これを現代語訳すると、

「今となっては昔のことですが、

竹取の翁という人がいました」

となり、「けり」が

過去を表していることが分かります。

 

そこから、「文章の締め」

=「けりをつける」

=「何かに決着をつける」

という意味に転じました。

 

二つ目は、

「平曲などの語り物の締め言葉」

が由来しているという説です。

 

「平家物語」などの平曲は、

「そもそも」という言葉で始まり、

「けり」という言葉で締める

ことが一般的でした。

 

そこから「語り物を終わらせる」

=「けりをつける」

=「何かに決着をつける」

という意味で使われるようになった

と言われています。

 

「けりをつける」という言葉は、

歴史の深いことが分かりましたね。

「けりをつける」の類語、英語は?

board g4c2ecb4e8 640 300x200 - 「けりをつける」の正しい漢字、意味、語源を解説!類語や英語も紹介!

最後に、「けりをつける」と

似た意味をもつ言葉と英語を紹介します。

 

まず、代表的な類語は

「かたをつける」です。

 

意味は「けりをつける」と

ほとんど同じなのですが、違いは

「何を使って解決したのか?」

にあります。

 

「けりをつける」は、

主に話し合いを通して

物事を解決の方向に向かわせます。

 

それに対し「かたをつける」は、

主にお金のやり取りを通して

物事を解決の方向に向かわせます。

 

また、その他3種類も合わせると

①「けりをつける」

②「かたをつける」

③「けじめをつける」

④「決着をつける」

⑤「白黒をつける」

などが類語一覧となります。

「決着をつける白黒/けじめをつける」

 

また、英語では、

「bring an end to」

(~を終わりまで持って行く)

「settle」

(解決する)

に該当します。

 

どうでしたか?

意味は単純ですが、思っていたより

深い言葉だったのではないでしょうか?

 

この記事を読んで

「ためになった!」などと

思ってもらえれば嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

他の記事を見る

気に入った言葉のTシャツを作る

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生公立高校国語教師・漢字検定準1級
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえる記事を書くよう心がけています。率直な意見や感想コメント貰えると嬉しいです。