準備

この記事は約 2 分で読めます。

何かをする前に

「準備する」「用意する」

「支度(したく)する」と言う言葉、

何となく全て使いますよね?

 

実のところ

「準備・用意・支度って何が違うの?」

と思った方も多いでしょう。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「準備」と「用意・支度」の違いを意味から解説!
ことのは先生
今回は
「準備」を
ベースに
他との違いを
解説します。

では、まずは「準備」の意味から

チャックしていきましょう。

「準備」の意味は?

summer g601db247e 640 300x200 - 「準備」と「用意・支度」の違いを意味から解説!

「準備」の意味は、

「何らかの物事に備えて

事前に必要なものを揃えたり、

状況を整えておいたりすること」です。

 

準備が適切に行われている状態を、

「準備万端(じゅんびばんたん)」

と言います。

 

「準備」と言う行為には、

「これから行う物事が上手く行くように」

との意図が感じられます。

 

例えば、日常的に使うとしたら

「出掛ける準備をする」

「食事の準備をする」

特別なイベントに使うとしたら、

「大会に使う備品を準備する」

「心の準備をする」などと使います。

「準備・用意」の違いは?

markus spiske cSladFbk1bw unsplash 300x200 - 「準備」と「用意・支度」の違いを意味から解説!

「用意」の意味は、

「事前に必要なものを揃えて備えておくこと」

「細かい点まで配慮して、用心すること」

と言う意味です。

 

違いとしては

「準備」は将来起こる出来事にまで

備える言葉であるのに対して、

「用意」は将来的なことまで考慮されていません。

 

例えば、「食事の用意をする」

「学校で使うものを用意する」

試験や大会、勝負事などの合図で

「用意ドン」「用意スタート」

などを見ると何となくイメージできますよね。

 

また、「用意周到(よういしゅうとう)」

と言う言葉もあるのですが、

「抜かりなく用意ができた状態であること」

を意味しています。

「準備・支度」の違いは?

icons8 team seDjj4dmC9s unsplash 300x200 - 「準備」と「用意・支度」の違いを意味から解説!

「支度」の意味は、

「ある物事を行う前に、

使用するであろう物を揃えておくこと」

「外出前に身なりを整える身支度(みじたく)」

の意味もあります。

 

この他にも古文では、

「食事をすること」

の意味で使われていることもあります。

 

「準備」や「用意」は試験や資料に使える言葉で、

「試験の準備(用意)をする」

「資料の準備(用意)をする」

などの使い方ができますが

「試験の支度をする」「資料の支度をする」

などとは言いません。

 

どちらかと言うと、

「食事の支度をする」「外出の支度をする」

生活に身近なことにしか使えません。

 

また、就職や就学、結婚などで

必要な物品を揃えるためのお金を、

「支度金(したくきん)」と言います。

 

どうでしたか?

ほとんど同じ言葉にも思えますが、

「準備→用意→支度」の順に

限定的な使用となっていきます。

 

普段何気ない言葉も、

考えてみると奥が深いですよね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。