お茶請け

この記事は約 2 分で読めます。

「お茶請け(おちゃうけ)」と聞くと、

何か上品な聞こえ方がしませんか?

 

この言葉には日本人ならではの

相手を思いやる気持ちも見えてきます。

 

今回はそんな

「お茶請けの意味や由来は?」

「お茶請けは何で受けじゃないの?」

「お茶請けのマナーは?」

などの疑問を簡単に解説したいと思います。

「お茶請け」の意味は?

22284008 s e1632395040499 - 「お茶請け」の意味、由来とは?「受け」でないのには理由があった!

これは簡単に言いますと、

会社での来客やお友達を招いた時、

お茶だけでは寂しいので

和菓子やクッキーなどを一緒に出しますよね?

 

この

「お茶と一緒に出すお菓子」

が「お茶請け」ということになります。

「お茶請け」の由来は?

romeo a lscGvpiDBLA unsplash e1632394940959 - 「お茶請け」の意味、由来とは?「受け」でないのには理由があった!

日本では茶道が昔からあり、

その時からお茶請けはありました。

 

相手の事を気遣えば、

お茶だけでは味気ないので

一緒に添える食べ物が必要です。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「お茶請け」の意味、由来とは?「受け」でないのには理由があった!
ことのは先生
当時、砂糖は
貴重品であり、
「木の実」
がお茶請け
として使われて
いたんです。

その後、砂糖の普及により和菓子が広まり、

木の実から和菓子へと変化をしてきたのです。

 

ちなみに、お茶請けというと何となく

日本茶を思い浮かべてしまいがちですが、

「コーヒーや紅茶に添えるお菓子もお茶請け」

という言葉は使用できます。

 

そして「請け」の漢字に

さらに深い理由があるんです。

「お茶請け」が「受け」じゃない理由は?

2a0ef40a1968defc32c11fcdae38e6a6 s e1527309788116 - 「お茶請け」の意味、由来とは?「受け」でないのには理由があった!

そもそもお菓子を何でお茶請けと言い、

「受け」という漢字を使わず

「請け」の漢字を使用したのでしょうか?

 

これは「請け」という漢字には

「支える」

という意味が込められています。

 

つまり、「請け」には

「お茶を支えることにより引き立てる」

「渋いお茶の味を甘いお菓子が引き立てる」

というような背景があるんです。

 

さらに、

お茶にはカフェインやカテキンが含まれており、

空腹時にその成分をとると

胃が荒れる恐れがあります。

 

お茶を頂く前に甘いお菓子を頂くことで

「胃への刺激を抑えて欲しい」

と言う日本人の体への気遣いから

生まれた言葉なんです。

 

ただ、最近の研究では甘いお菓子を先に食べると

「血糖値が急激に上がるので健康に悪い」

となっていますので、

今となっては気遣いと言えないかもしれませんね。

「お茶請け」のマナーは?

4953837 s e1632395001905 - 「お茶請け」の意味、由来とは?「受け」でないのには理由があった!

お茶請けにもマナーがあります。

 

お米の茶碗、お味噌汁のお椀、

お箸の位置などがあるように、

お菓子とお茶にも左右のマナーがあります。

 

自分から見て

「左側にお菓子、右側がお茶」

になるのが基本的な置き方のマナーです。

 

さらに、出す順番も決められており、

「お菓子を出してからお茶を出す」

というのがマナーです。

 

これはビジネスの際にも

共通するマナーなので覚えておきましょう。

 

どうでしたか?

日本人の優しさや気遣いが見える言葉でしたね。

 

これからは「お茶請けをどうぞ」と出す時、

「来てくれてありがとう」など

その時の自分なりの気持ちを込めて

出してみてはどうでしょうか?

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。