貝3つ

この記事は約 2 分で読めます。

「貝」と言うと、

誰もが言っている漢字ですよね?

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 貝3つの漢字「贔」の読み方、意味は?現在の使われ方も紹介!
ことのは先生
この「貝」は
漢字検定10級と、
小学校に入って
すぐに覚える漢字です。

しかし、これが3つ重なる漢字「贔」

となると非常に難しい漢字へと変化します。

 

今回はそんな「贔」の読み方や意味、

現在の使い方など色々な方向から

解説していきたいと思います。

「贔」の読み方は?

shells g90f12e31b 640 300x200 - 貝3つの漢字「贔」の読み方、意味は?現在の使われ方も紹介!

まず、「贔」の読み方は

音読み:ヒ、ヒイ

訓読み:ありません

となっています。

 

元の「貝」の漢字を考えると、

音読み:バイ

訓読み:かい

と、全く違う読み方になっています。

 

ちなみに「貝」の意味は

「かいがら、貨幣、、貝の模様」

などの意味を持っています。

「贔」の意味は?

light gd0e329e3c 640 300x188 - 貝3つの漢字「贔」の読み方、意味は?現在の使われ方も紹介!

現在では主に、

1:味方をする。力添えをする。

2:大きい。

という意味でよく使われています。

 

先ほどの意味にもありましたが、

かつて貝がお金の役割を

果たしていた時代がありました。

 

その為

「貝を多く所持している」

「=財貨を多く所持している」

という意味で「贔」が使われていました。

 

こういったお金を多く持つと言う由来から、

現在の意味に変化していったのです。

「贔」の使い方は?

daisy g2e8e4680c 640 300x182 - 貝3つの漢字「贔」の読み方、意味は?現在の使われ方も紹介!

この漢字単体で使うことは少なく、

現在では「贔」と「屓」の二つの漢字

を組み合わせて使うことは多いです。

 

ちなみに、「屓」は

音読み:キ

訓読み:いびき、ねいき

と読みます。

 

意味は「力を出している様子」を表しています。

 

つまり、

この二つを合わせて皆さんご存知の

「贔屓(ひいき)」という熟語ができます。

 

これは、

「財貨を多く持つ人に対して力を入れる」

という意味であり、

先ほどの二つの漢字の意味が

組み合わさっていると分かりますね。

「贔屓」の由来は?

james wainscoat ACYPG4zBUwE unsplash 300x200 - 貝3つの漢字「贔」の読み方、意味は?現在の使われ方も紹介!

この「贔屓(ひいき)」という熟語、

中国のとある伝説上の生き物

からとった言葉であると言われています。

 

日本に、龍と人間の間に産まれた

子供たちの伝説があるように、

中国にも龍の子供達の伝説が存在します。

 

この子供たちのことを

「龍生九子(りゅうせいきゅうし)」

と呼ぶのですが、龍の姿で

生まれてくることができなかったのです。

 

その代わり、九匹それぞれが違う

見た目や性質を持っていました。

 

そのうちの一匹が

「贔屓(ひき)」と呼ばれました。

 

まるで亀のような姿をしていて、

重い物を背中で持つ役割があったそうです。

 

そこから「重い物を支える」という行動が

「贔屓」と呼ばれるようになり、

「好んでいるものに援助をする」

という意味に転じました。

「贔」を使う四字熟語は?

books g329ce56ad 640 300x200 - 貝3つの漢字「贔」の読み方、意味は?現在の使われ方も紹介!

最後に、

現在「贔屓」でよく使われる状況に

焦点を当てて見ていきましょう。

 

基本的には、

「特定の誰かに集中して目をかける」

ことを表すことが多いです。

 

つまり、

「依怙贔屓(えこひいき)」

「身内贔屓(みうちびいき)」

「判官贔屓(ほうがんびいき)」

などが挙げられます。

 

これらは

「依怙贔屓」ひいきする対象に制限無し

「身内贔屓」対象が親族や自分の所属する集団

「判官贔屓」対象が何らかの敗者、弱者

である場合に使うことができます。

 

どうでしたか?

この漢字自体を使われることは

ほとんどありませんが、

「ひいき」に使われる漢字だったのは

驚きでしたね。

他の記事を見る

気に入った言葉のTシャツを作る

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生公立高校国語教師・漢字検定準1級
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえる記事を書くよう心がけています。率直な意見や感想コメント貰えると嬉しいです。