違い

この記事は約 2 分で読めます。

今回は「衣冠・束帯」「直衣・狩衣」

と言う言葉について紹介します。

912221fe02ce1df48366b14cb26e343e - 「衣冠・束帯・直衣・狩衣」の読み方、意味の違いを1分で簡単解説!
ことのは先生
簡単に言うと、
平安時代の服
のことですね。

今回は難しいこと、細かいことは

良いから簡単に教えて欲しい

と言った方の為に解説したいと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

「衣冠・束帯・直衣・狩衣」の読み方は?

2346643 300x212 - 「衣冠・束帯・直衣・狩衣」の読み方、意味の違いを1分で簡単解説!

それぞれの4種類の服装を

衣冠:いかん

束帯:そくたい

直衣:のうし、なおし

狩衣:かりぎぬ

と読みます。

 

色分けしている通り、

大きく分けると

「衣冠・束帯」

「直衣・狩衣」

の2種類に分かれますので、

それぞれ紹介していきます。

「衣冠・束帯」って何?その違いは?

289991 300x300 - 「衣冠・束帯・直衣・狩衣」の読み方、意味の違いを1分で簡単解説!

現代とは違い、

平安時代では男性の方が

ファッションに精通しており、

主に4種類の服装がありました。

 

「衣冠・束帯」は正装、

つまり現代で言うところの

「スーツ」のような服装ですね。

 

「衣冠」は、

「宮中で昼間に仕事をする正装」

となります。

 

「束帯」は「衣冠」と

ほぼ同じなのですが、腰の帯を緩めて

「はこえ」と言う部分を外に出す

「夜に仕事をする少し楽な正装」

となります。

「直衣・狩衣」って何?その違いは?

289993 300x300 - 「衣冠・束帯・直衣・狩衣」の読み方、意味の違いを1分で簡単解説!

「直衣・狩衣」は現代で言うと、いわゆる

「私服」ですね。

 

「直衣」は、

「休日のオシャレな私服」

「狩衣」は、

「ジャージのような部屋着」

といいたイメージになります。

 

どうでしたか?

「1分で分かりやすく!」

と言った紹介だったので

少し雑な説明かもしれませんが、

何となくイメージだけでも

分かって頂けたのではないでしょうか?

他の記事を見る

気に入った言葉のTシャツを作る

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生公立高校国語教師・漢字検定準1級
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえる記事を書くよう心がけています。率直な意見や感想コメント貰えると嬉しいです。