色打掛

この記事は約 2 分で読めます。

色打掛はいわゆる婚礼衣装で、

「挙式で白無垢・お色直しで色打掛」

となる花嫁が多いですよね。

 

実はこの順番にも意味があります。

 

せっかくの婚礼なので、

こういった意味も知っておきたいですよね。

 

今回はそんな

「色打掛とは何?」

「色打掛の読み方は?」

などの疑問を簡単に紹介したいと思います。

「色打掛」の読み方は?

ad16a0b17caa935d4771880807f3a168 s e1534659654377 - 「色打掛」の読み方は3つ!?意味や由来も紹介!

「色打掛」の読み方は

「いろうちかけ」「いろかけ」「いろしかけ」

と読むことができます。

 

ほとんど結婚式で使われるもので、

「いろうちかけ」

と読むのが最も一般的です。

 

また、あまり知られていませんが

別名で「色掻取(いろかいどり)」

と呼ぶこともできます。

「色打掛」とは何?意味や由来は?

5071669 s e1632387733251 - 「色打掛」の読み方は3つ!?意味や由来も紹介!

「打掛」は日本の女性用着物の1種で、

純白のものを「白無垢」

それ以外を「色打掛」

と呼びます。

 

ちなみに、白無垢の読み方は

「しろむく」となります。

 

「色打掛」のルールとして

①白無垢を初めに着る

②色打掛を着ると、白無垢を着てはいけない

とあります。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「色打掛」の読み方は3つ!?意味や由来も紹介!
ことのは先生
このルールは
色打掛には
「婚家の人になった」
という意味が
あるからです。

そして、

白無垢は「生まれ変わる」

色打掛は「新しい血が通う」

(昔の色打掛は赤が基本だった)

 

最近では、赤だけでなく

カラフルなものや刺繍のデザインなど

様々な種類の色打掛となっていますね。

 

柄の定番は

・富貴を象徴する「牡丹」

・長寿の縁起物の「鶴」

・忍耐力と美しさを表現する「梅」

・無病息災などの意味がある「菊」

などがあります。

 

柄も大事になりますが、

全体の色も意味がそれぞれあります。

 

・生命、太陽の色でもある生まれ変わりの赤色

・富貴、豊穣を意味する神聖な色の金色

・春を彷彿とさせる愛情の色の桃色

・高潔、純潔の青色

など様々です。

 

どうでしたか?

色打掛では柄と色について意味を理解して

選択する事が大事になりますが、

好きな色や柄を直感的に選んでも良いと思います。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。