皮革

この記事は約 3 分で読めます。

 
簡単な漢字の並びで

「皮(かわ)」と「革(かわ)」

の並んだ「皮革」と言う言葉があります。

912221fe02ce1df48366b14cb26e343e - 「皮革(かわかわ?)」の正しい読み方、意味を解説!
ことのは先生
「皮革」は
似た意味の漢字が
並んでいる
珍しい熟語ですね。

そもそも「皮」「革」の違いも

少し難しいくらいですし、

突然この漢字を見て

すぐに読める方はいないでしょう。

 

では、まずはそれぞれの漢字の意味から

読み方まで解説していきたいと思います。

「皮」「革」の意味の違いは?

ad16a0b17caa935d4771880807f3a168 s e1534659654377 - 「皮革(かわかわ?)」の正しい読み方、意味を解説!

まずは「皮革」それぞれの

漢字の意味を知っておきましょう。

 

「皮」は

「動物の皮(乾いていない皮)」

のことを指しています。

 

「生皮」と言ったイメージです。

 

一方、「革」は「なめしがわ」と言われ、

「特別な加工(なめし)を施した革」

のことを指します。

 

では、

「皮革」は何と読むのか見てみましょう。

「皮革」の読み方、意味は?

7ca85e2d62978a6446e9d8d8a9475449 s e1546060263369 - 「皮革(かわかわ?)」の正しい読み方、意味を解説!

この漢字はズバリ

「ひかく」

と読みます。

 

では、なぜ「皮」「革」と同じ意味の

漢字を二つ並べているのでしょうか?

 

この皮革(ひかく)は、

「動物の生皮を、なめしによって

安定した状態にしたもの」

という定義で出来た言葉なんです。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「皮革(かわかわ?)」の正しい読み方、意味を解説!
ことのは先生
生皮は
そのままにすると、
腐ったりカビが生えて
使い物になりません。
そこで、
「なめし」という
加工を加えるんです。

この技術は太古の

狩猟時代まで遡れるという話ですが、

なめすことで

皮に柔軟性、弾性に富むようになり、

耐熱・耐水性が高くなる

という利点まであります。

 

そもそも「革」自体の語源は、

「動物の皮を剥がして、皮だけを

ピンと張った状態の象形文字」

が由来しています。

 

上部が頭の部分で下の部分が尻尾

と言ったイメージですね。

「皮革」って結局どういう物のこと?

2979852 s e1590819680721 - 「皮革(かわかわ?)」の正しい読み方、意味を解説!

「皮革」が何を指すかと言うと、

「人工皮革、構造皮革などの動物皮」

を指す場合が多いです。

「人工皮革」
化学合成された材料で
動物の生皮と
同じような触感を有する生地
「構造皮革」
3次元的に合成された皮革

 
このように人工物まで含みますが、

それらが発明されるまでは

あくまで動物の皮のことを皮革

と言っていました。

 

動物種としては、

子牛、山羊、羊、馬、鹿
蛇、鮫(エイ)
ワニ、ダチョウ、カンガルー

 
などがあります。

 

つまり、皮革と単純に言ってしまえば

毛皮も入ってしまいます。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「皮革(かわかわ?)」の正しい読み方、意味を解説!
ことのは先生
しかし、
現在の一般的な
感覚としては
「毛皮は入らず、
毛のない薄皮の獣皮」
が皮革のイメージです。

どうでしたか?

「皮革」について、その読み方から

内容に至るまでを解説してきました。

 

ピンポイントな言葉ですが、

アパレル業界の方などは

知っておくべき言葉かもしれませんね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。