渡す

この記事は約 2 分で読めます。

「渡す」はビジネスの場で

使うことが多い言葉ですよね。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「渡す」の敬語は間違いがち!?尊敬、謙譲、丁寧語別で正しい表現を解説!
ことのは先生
英語では
hand over
pass over
などと表現できます。

英語ではシンプルですが、

日本語の敬語となるとやはり

日本語の難しさが出てきますよね。

 

例えば、

「お預かりした書類は部長にお渡しさせて頂きます」

「社長にこの書類をお渡し願います」

実はこの2つの例文、2つとも間違いです。

 

理由は誤用される定番の

「二重敬語」になっているからです。

 

では、さっそく正しい

「渡す」の尊敬語・謙譲語・丁寧語を

解説していきたいと思います。

「渡す」の尊敬語は?

4955785 s 300x200 - 「渡す」の敬語は間違いがち!?尊敬、謙譲、丁寧語別で正しい表現を解説!

「渡す」の尊敬語は

①「お渡しになる」

②「渡される」

となります。

 

①「お渡しになる」は目上の人に対し使う

尊敬語定番の「お」が渡すの前に付き、

語尾に「になる」がつきます。

 

使い方として

「書類は明日お渡しします。」となります。

 

②「渡される」は「渡す」に

助動詞である「れる」が加わった言葉です。

 

使い方として、

「食事のお代は幹事に渡されてみてはどうでしょう。」

などと、アドバイスを含めた感じで、

使うこともできます。

「渡す」の謙譲語は?

riccardo annandale 7e2pe9wjL9M unsplash 300x240 - 「渡す」の敬語は間違いがち!?尊敬、謙譲、丁寧語別で正しい表現を解説!

「渡す」の謙譲語は

①「お渡しする」

②「お渡しいたす」

となります。

 

①「お渡しする」は自分に対して使い、

「お渡しする」の「お」は自分の行動が

相手に敬意を払っている意味合いがあります。

 

使い方は「取引先にお中元をお渡しします。」

などと使います。

 

注意点として

「取引先に、お中元をお渡ししましたか?」

のように相手に対しては使えず、

自分より目上の人に対しては必ず尊敬語で

「取引先に、お中元はお渡しになりましたか?」

と、混同しないように注意して下さいね。

 

②「お渡しいたす」は、

少し違和感があるかもしれませんが

自分から渡すことを言います。

 

使い方として

「社長に、このお花をお渡しいたします」

と、丁寧語である「ます」を

組み合わせて使うのが一般的です。

 

この敬語をビジネスに適した類語として、

「提出する」という言葉があげられます。

 

実際にメールなどで資料を渡すときに使われます。

「納品書を提出いたします。」

のように使われます。

「渡す」の丁寧語は?

nature 3289812 640 300x200 - 「渡す」の敬語は間違いがち!?尊敬、謙譲、丁寧語別で正しい表現を解説!

「渡す」の丁寧語は

①「渡します」

となります。

 

基本的には「です・ます」をつけることが、

丁寧語の基本表現になります。

 

「渡します」は連用形の「渡し」から

助動詞である「ます」が加わった形です。

 

ちなみに、丁寧語は他の表現方法に対し

敬意の度合いが少し低いです。

 

ですから上司や先輩だけでなく、

親しい人や同期などにもただ丁寧に伝えれる

汎用性のある表現とも言えます。

 

使い方として

「この書類を、〇〇さんに渡しておきます」

こんな感じに使います。

 

どうでしたか?

丁寧にしようとし過ぎると、

違和感のある言葉となってしまうのが

日本語の難しいところです。

 

敬語でややこしいのは尊敬語と謙譲語なので、

特にチェックしておいて下さいね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。