効果

この記事は約 2 分で読めます。

「~の効果がある」と聞くと、

「この商品を買ってみようかな。」

と言う気持ちになることはよくあるものです。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「効果」の言い換え「類語」まとめ!微妙な意味の違いも解説!
ことのは先生
経済において
「効果」と言う言葉は
異常な影響力を
持っているのです。

おそらく今回紹介する類語に言い換えて

宣伝すると経済効果は下がるでしょう。

 

それくらい言葉の重要性が

高いことが分かる言葉とも言えますね。

 

では、今回はそんな「効果」の意味から

類語までチェックしてみましょう。

「効果」の意味は?

riccardo annandale 7e2pe9wjL9M unsplash 300x240 - 「効果」の言い換え「類語」まとめ!微妙な意味の違いも解説!

「効果」の意味は、

「何らかの働きかけをして良い結果になること」

「舞台や映像などで場面に相応しい技術を使って

雰囲気を出すこと」です。

 

使い方は、「この薬は血圧を下げる効果がある」

「運動は健康にも美容にも効果的だ」

「このタイミングで効果音を使う」などです。

「効果」の類語は?

board g4c2ecb4e8 640 300x200 - 「効果」の言い換え「類語」まとめ!微妙な意味の違いも解説!

では、「効果」の類語を6種類紹介していきます。

①「効き目(ききめ)」

「効き目」の意味は、

「あるものに働きかけをして得られる効果」

「良い結果が実感できたしるし」です。

 

使い方は、「この薬は効き目が強い」

「薬の効き目が少しずつ現れてきた」

「この人には何を言っても効き目がない」

などです。

 

②「効用(こうよう)」

「効用」の意味は、

「何らかの作用で現れる効き目」「ものの使い道」

「経済学においては、消費者が商品を利用して

実感することができる満足度のレベル」です。

 

使い方は、

「このサプリメントには何の効用もない」

「肩こりや腰痛に効用がある薬」「嘘の効用」

などです。

 

③「効能(こうのう)」

「効能」の意味は、

「何らかの働きかけで良い結果が得られること」

です。

 

主に体に対する効き目について

使うことが多い言葉です。

 

使い方は、「関節痛に効能のある温泉」

「薬の効能が証明できた」などです。

 

④「影響(えいきょう)」

「影響」の意味は、

「物事の働きかけが他のものに行き渡ること」

「他のものがあるものへ働きかけを受けた結果」

です。

 

使い方は、

「彼の言葉は多くの人に良い影響を与えた」

「彼女は親の影響でピアノを始めた」

「津波の影響はほとんどない」などです。

 

⑤「成果(せいか)」

「成果」の意味は、

「何かをすることで良い結果が得られること」

です。

 

自分で頑張って何かをすることに

重点が置かれています。

 

使い方は、「試験で今までの成果が出せた」

「彼の素晴らしい成果を称える」などです。

 

⑥「作用(さよう)」

「作用」の意味は、

「他のものに力を加えて影響を及ぼすこと」

「生物が生きていく為に備わっている心身の機能」

「2個の物体のうち1個がもう1個に与える力」です。

 

使い方は、「薬には副作用がある」

「動物の消化作用」などです。

 

どうでしたか?

「効果」と言う1つの言葉から

こんなにも広がるのが

日本語の面白い所なのかもしれません。

 

他にも気になる類語があれば、

時間のある時に読んでみて下さいね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。