輝く

この記事は約 2 分で読めます。

今回は「輝く」の言い換えを

紹介したいと思います。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「輝く」の言い換え「類語」まとめ!微妙な意味の違いも紹介!
ことのは先生
英語でも
・shine
・glow
・sparkle
と、何種類かの
表現があります。

では、さっそく「輝く」の意味から見てみましょう。

「輝く」の意味は?

light bulb gfa11be678 640 300x198 - 「輝く」の言い換え「類語」まとめ!微妙な意味の違いも紹介!

「輝く」の意味は、

「眩しいほどにキラキラしていること」

「名声を手に入れて華やかな状態であること」

「活発で明るいこと」です。

 

「輝く」の対象は物だけでなく、

人にして使うこともできる言葉です。

 

使い方は、「太陽が輝いている」

「この子の目は輝いている」

「世界で輝くアーティストたち」などです。

「輝く」の類語は?

krystal ng BVfT4c0MjUk unsplash 300x200 - 「輝く」の言い換え「類語」まとめ!微妙な意味の違いも紹介!

では、「輝く」の類語を

5種類紹介していきたいと思います。

①「光る(ひかる)」

「光る」の意味は、

「光を放っていること」「綺麗に輝いていること」

「明るく色とりどりに輝いていること」

「容姿や人間性、技術などが

人一倍優れていること」です。

 

使い方は、

「太陽が光る」「応募者の中で一番光って見える」

などです。

 

②「照る(てる)」

「照る」の意味は、

「あるものが光を放つこと」

「能においては能面が若干上向きになること」

「天気が晴れていること」です。

 

「輝く」や「光る」は人に対しても

使うことが多いのですが、

「照る」は基本的には物に対して使います。

 

使い方は、

「太陽が照る」「月が照る」

「照っても外に出る」などです。

 

光のパワーをもう少し強く表現するなら、

「太陽が地面を照りつける」でも良いでしょう。

 

③「煌く(きらめく)」

「煌く」の意味は、

「キラキラして輝いていること」

「しっかりとおもてなしをすること」

「華々しくて人目を引くこと」です。

 

「輝く」「光る」「照る」などと比較すると、

「煌く」の方が控えめに

光を放っている感じです。

 

使い方は、

「夜空を見ると星たちが煌めいている」

「太陽に照らされて水が煌めいている」

などです。

 

④「閃く(ひらめく)」

「閃く」の意味は、

「瞬間的に鋭い光を放つこと」

「ものがヒラヒラして揺れながら動くこと」

「良い考えが急に浮かんでくること」などです。

 

使い方は、

「夜空には無数の星が閃いている」

「風が吹いていて火が閃く」

「彼の頭には突拍子もない考えが閃いた」などです。

 

⑤「ひかめく」

「ひかめく」の意味は、

「キラキラして輝いていること」

「ピカピカと光っていること」です。

 

日常会話であまり聞かないでしょうが、

古文でよく使われている言葉です。

 

使い方は、「稲妻がひかめく」です。

 

どうでしたか?

「輝く」と言う限定的な言葉も、

類語を使えば非常に幅広い言葉にも

言い換えれそうですね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。