行く

この記事は約 2 分で読めます。

では、さっそくですが

「行く」の意味から類語まで

紹介していきたいと思います。

 

類語の意味にも自分の状況に合った

言い換えがあるかもしれませんので、

色々な言葉に注目してみて下さいね。

「行く」の意味は?「往く」との違いは?

e743e4674417c60e22ac051e490194e0 s 300x200 - 「行く」の意味から類語を解説!「往く」との違いは?

「行く」の意味は、

「どこかに移動すること」「歩きながら進むこと」

「年月が経つこと」「流れること」

「物事が進むこと」「物事をすること」

「通り過ぎること」「年齢的に成長すること」

「気分が十分に満たされること」「嫁ぐこと」

などよく考えると、

たくさんの意味があります。

 

使い方は、

「行く年、来る年」「行く水のようだ」

「試験が上手く行く」「向こう岸に行く船」

「年の行かない子」「嫁に行く」

のような使い方もあります。

 

また、同じ読み方で違う漢字の

「行く・往く」も見てみましょう。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「行く」の意味から類語を解説!「往く」との違いは?
ことのは先生
「行く」は
ただたんに
AからBへ移動
「往く」は
目的があり
戻るのが前提で
AからBへ移動
となります。

往復などで使われる漢字なので、

分かりやすいですね。

「行く」の類語は?

9083f50156a8cb0cd29f31b6b3e6b168 s 300x200 - 「行く」の意味から類語を解説!「往く」との違いは?

では、「行く」を言い換えると

どんな言葉があるのか見ていきたいと思います。

 

①「進む(すすむ)」

「進む」の意味は、

「前に向かって動いていくこと」

「物事が上手く行くこと」「勢いが良いこと」

「物事のレベルが高くなること」

「やる気になること」「ある業界に進むこと」

「他より先を行くこと」の意味があります。

 

使い方は、

「勉強が進む」「食が進む」「進んだ技術を学ぶ」

「大学に進む」「医療業界に進む」

「気が進む」「時計を5分進ませる」

のような使い方もあります。

 

②「移る(うつる)」

「移る」の意味は、

「場所や並びが変わること」

「人の気分や状態が変わること」

「時間が経過すること」

「あるものに色や匂いが染み付くこと」

「ある状態が他にも影響すること」

の意味があります。

 

使い方は、

「他の部署に移る」「関心が他のものに移る」

「時代が移る」「食べ物の匂いが服に移る」

などです。

 

③「通う(かよう)」

「通う」の意味は、

「決められた区間を何度も行き来し続けること」

「特定の場所を自由に行き来すること」

「ある場所を止まらずに流れること」

「気持ちが相手に伝わること」

「道筋が通じていること」「共通していること」

の意味があります。

 

使い方は、

「電流が通う」「気持ちが通う」

「都に通う道」「似通った考え方」などです。

 

④「至る(いたる)」

「至る」の意味は、

「目的地に行き着くこと」

「ある時間が来ること」

「ある状態になること」「行き届くこと」

「自分の方に向かってくること」です。

 

使い方は、

「今に至る」「事故に至る」

「日本全国に至る」「好機に至る」などです。

 

どうでしたか?

幅広い言葉なので、その状況によっても

様々な言い換えができることもあり、

状況別だととんでもない数の言葉になると思います。

 

今回は同じく幅広い類語を紹介したので、

ほとんど同じ状況で使える言葉と言えるでしょう。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。