plan

この記事は約 2 分で読めます。

早速ですが、今回は「計画」の意味から

類語それぞれの意味まで

紹介していきたいと思います。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「計画」の類語まとめ!意味の違いも解説!
ことのは先生
類語の意味にも
言い換えたい
言葉への候補
があるかも
しれませんので、
色々な言葉に
注目して読んで
みて下さい。

「計画」の意味は?

marten bjork rH8O0FHFpfw unsplash 300x200 - 「計画」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「計画」の意味は、

「ある物事を行う際に、

事前に方法や流れなどを考えておくこと」

です。

 

「学習計画を立てる」「実習計画を練る」

「バス旅行を計画する」「実験を計画する」

などの使い方があります。

「計画」の類語は?

books g329ce56ad 640 300x200 - 「計画」の類語まとめ!意味の違いも解説!

では、「計画」と言う言葉を言い換えると

どんな言葉があるのか見てみましょう。

①「目論見(もくろみ)」

「目論見」の意味は、

「物事を企てること」「計画すること」

「事前に考えること」です。

 

例えば、見当違いだった時に

「目論見が外れる」

相手に何か深い考えがありそうな時に

「何か目論見がありそうだ」

計画通りに物事が進んだ時に

「目論見通り上手く行った」

などと言ったりします。

 

②「プラン(plan)」

「プラン」は英語の「plan」で、

「計画」「案」

「平面図」「やり方」「方式」

などの意味もあります。

 

使い方は、

「旅行プランを立てる」

「就職面接でキャリアプランを話す」です。

 

最近ではスマホやネットの料金で、

「料金プラン」と言う言葉をよく聞きませんか。

 

「料金プラン」は

「料金計画」「料金案」となります。

 

③「構想(こうそう)」

「構想」の意味は、

「ある物事を行う前に、

実現方法を具体性のある骨組みにすること」

「骨組みにした考えそのもの」です。

 

「構想」は「計画」よりも、

規模の大きい物事に対して使うことが多いです。

 

使い方は、

「小説作品の構想を練る」

「ホームページの構想は

ある情報誌を参考にしている」などです。

 

また、「構想力」と言う言葉も

よく使われるのですが、

「具体性のある内容を骨組みにする能力」

を意味する言葉です。

 

④「筋書(すじがき)」

「筋書」の意味は、

「台本や小説などの内容を

大まかに書いたもの」

「あらすじ」「事前に計画した展開」です。

 

使い方は、

「ドラマの筋書」「話の筋書」

「全てが筋書通りに運んだ」などです。

 

どうでしたか?

今回は「計画」を似た状況で

そのまま言い換えれる類語となります。

 

例えば、「計画する」と言う動詞だと

「謀る」「仕組む」「策する」「企てる」

などが類語となりますので、

おくが深いですね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。