進める

この記事は約 2 分で読めます。

「進める」と言う言葉は、

シーン問わず使いやすい身近な言葉でしょう。

 

そのため、いざ言い換えるとなると

意外と思い浮かばないものです。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「進める」の類語まとめ!意味の違いも解説!
ことのは先生
英語でも
・promote
・hasten
・advance
と、表現方法が
複数あります。

それでは、「進める」の意味から

類語それぞれの意味も紹介していきます。

 

類語の意味にも自分に合った

言い換えのヒントになるかもしれませんので、

色々な言葉に注意しながら読んでみて下さいね。

「進める」の意味は?

riccardo annandale 7e2pe9wjL9M unsplash 300x240 - 「進める」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「進める」の意味は、

「前方に動かして位置を変えること」

「予め決めておいた手順に沿って、

物事を進行させること」

「物事をレベルアップすること」

「高い地位を与えること」「促すこと」

「時計の針を早めておくこと」などです。

 

使い方は、

「会議を進める」「予選を通過して決勝戦に進む」

「女性の地位向上を進める」などです。

「進める」の類語は?

books g329ce56ad 640 300x200 - 「進める」の類語まとめ!意味の違いも解説!

では、「進める」の言い換えると

どんな言葉があるのか見ていきましょう。

①「早める(はやめる)」

「早める」の意味は、

「時期や時間を早くすること」です。

 

使い方は、

「時計を5分早める」「会議の予定を早める」

「式の予定日を1ヶ月早める」などです。

 

②「速める(はやめる)」

「速める」の意味は、

「スピードを速くすること」です。

 

使い方は、

「歩くペースを速める」

「この成分は癌細胞の増殖を速める」

「音楽のテンポを速める」などです。

 

③「促す(うながす)」

「促す」の意味は、

「物事をスムーズに進行させること」

「物事を早くするよう急かすこと」

「行動するよう仕向けること」です。

 

使い方は、

「人に注意を促す」「早く準備をするように促す」

「成長ホルモンの分泌を促す」などです。

 

④「促進する(そくしんする)」

「促進する」の意味は、

「物事がスムーズに進行するように促すこと」

です。

 

使い方は、

「世界平和を促進する」

「キャンペーン広告で販売を促進する」

「政治運動を促進する」などです。

 

⑤「推進する(すいしんする)」

「推進する」の意味は、

「物事が達成できるよう頑張ること」

「物を前方に推し進めること」です。

 

使い方は、

「子供のスポーツ活動を推進する」

「地球温暖化対策の推進を図る」

「経営の革新を推進する」などです。

 

⑥「上げる(あげる)」

「上げる」の意味は、

「物の位置を下方から上方に移動させること」

「レベルを高めること」「物事を完成すること」

「目立させたり多くの人に知られるようにすること」

の意味もあります。

 

使い方は、

「シャッターを上げる」「成績を上げる」

「娘を大学院に上げる」などです。

 

どうでしたか?

「進める」は汎用性の高い言葉なので、

少し使用範囲が限定される類語が

多かったかもしれませんね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。