展開

この記事は約 2 分で読めます。

「展開」と言う言葉は、

話の流れについて伝える時に

「話の展開」なんて言うことは多いでしょう。

 

身近な言葉なので、

いざ言い換えようとしても

中々思い浮かばないですよね。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「展開」の意味から類語を解説!
ことのは先生
英語でも
・Deployment
・Expansion
などの表現が
あります。

では、「展開」の意味に合わせて、

類語も紹介していきたいと思います。

「展開」の意味は?

chinese chess g828200899 640 300x200 - 「展開」の意味から類語を解説!

「展開」の意味は、

「物事を広げて広くすること」

「物事を繰り広げること」

「話を次の段階に進行させていくこと」

「密集したものを散らばるように広げること」

です。

 

立体においては、

「大きさは変えずに

面だけを切り開いて平面図にすること」

の意味もあります。

 

使い方は、

「平地が展開している」「理論を展開する」

「ストーリーの展開は意外な方向に進んだ」

などです。

「展開」の類語は?

books g329ce56ad 640 300x200 - 「展開」の意味から類語を解説!

では、「展開」の言い換え5種を

紹介していきたいと思います。

①「伸張(しんちょう)」

「伸張」の意味は、

「何かの勢いが伸びて広がること」

「積極的に勢いを伸ばして広がること」です。

 

使い方は、

「権利を伸張する」

「装置を使って音声を伸張する」

「この金属は伸張性がある」などです。

 

他に「海外諸国での販売伸張が目立っている」

のような使い方もあります。

 

②「伸展(しんてん)」

「伸展」の意味は、

「何かが伸びて広がること」

「故意に伸ばして広げること」

「関節運動において

関節の左右の骨の角度が

大きくなるように動くこと」です。

 

使い方は、

「伸展性に優れた素材」

「独裁者の支配が伸展する」

「皮膚を伸展させる」「伸展動作を行う」

などです。

 

③「膨張(ぼうちょう)」

「膨張」の意味は、

「膨れ上がること」

「規模が拡大すること」

「物の体積が大きくなること」です。

 

使い方は、

「正貨が膨張する」「輸出高が一気に膨張した」

「ウイルスが膨張する」「パン生地が膨張する」

「気体が膨張する」などです。

 

④「拡張(かくちょう)」

「拡張」の意味は、

「規模や勢力を拡大すること」です。

 

使い方は、

「軍備を拡張する」「権利を拡張する」

「拡張可能な鞄を使う」「血管を拡張する薬」

などです。

 

⑤「拡大(かくだい)」

「拡大」の意味は、

「広げて大きくすること」

「自然に広がって大きくなること」です。

 

使い方は、

「ウイルスの感染が拡大する」

「市場を拡大する」「事業を拡大する」

「地図を拡大してみる」「画像を拡大する」

などです。

 

どうでしたか?

設備や組織に限定されますが、

「増設・拡充」なども類語にあたります。

 

限定的になるとどんどん増えていくのも

類語の面白い所かもしれませんが、

今回紹介したものは幅広い意味で使える

類語が多いと思いますので

ぜひ自分の語彙に加えて下さいね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。