継続

この記事は約 2 分で読めます。

「継続」はシーンを選ばず使える便利な言葉なので、

いざ言い換えたいと思うと

中々思い浮かばない言葉かもしれませんね。

 

今回は「継続」の類語の意味まで

チェックしていきたいと思います。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「継続」の類語まとめ!意味の違いも解説!
ことのは先生
類語の意味にも
言い換えたい
言葉のヒントが
あったりするので
色々な言葉に
注目しながら
読んでみて下さい。

では、さっそく見ていきましょう。

「継続」の意味は?

books g3f1394783 640 300x200 - 「継続」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「継続」の意味は、

「今まで行ってきたことをそのまま続けること」

「物事が今まで通り続くこと」

「今まで続けてきたことを受け継ぐこと」です。

 

使い方は、

「健康的な生活を継続する」

「今までの契約を継続する」

「同じ条件で勤務を継続する」などです。

 

「継続は力なり」と言って、

「ちょっとしたことでも頑張って続けていけば、

成功のカギとなること」

を意味する諺(ことわざ)もあります。

「継続」の類語は?

dominoes g0bf655fc2 640 300x195 - 「継続」の類語まとめ!意味の違いも解説!

では、ここから「継続」の言い換えを

5種類紹介していきたいと思います。

①「連続(れんぞく)」

「連続」の意味は、

「途切れることなく続くこと」

「休むことなく続けること」です。

 

使い方は、

「1週間連続で会社を欠勤する」

「3年連続で代表に選ばれる」

「似たような事件が連続して起こった」などです。

 

②「持続(じぞく)」

「持続」の意味は、

「ある状態が今まで通り続くこと」

「ある状態をそのまま維持すること」です。

 

使い方は、

「薬の効果が持続する」

「良好な関係を持続する」

「香りが長時間持続する」などです。

 

③「永続(えいぞく)」

「永続」の意味は、

「ある状態が長続きすること」です。

 

使い方は、

「平和が永続することを願う」

「永続する性質を持っている」

「永続する愛情」などです。

 

「永続的」として、

「永続的な平和」「永続的な愛情」

のような使い方をすることもあります。

 

④「継承(けいしょう)」

「継承」の意味は、

「前代の地位や財産、文化などを受け継ぐこと」

です。

 

「継承」の「継」と「承」の

順番を反対にした「承継」も

「継承」とほぼ同じ意味です。

 

続くもの、続けるものは

基本的に地位や財産、文化などの

規模の大きいものになります。

 

なので、「継承」は

幅広く使える「継続」よりも、

使うシーンが限定されます。

 

使い方は、

「皇位を継承する」「伝統的な文化を継承する」

「莫大な財産を継承する」などです。

 

⑤「相続(そうぞく)」

「相続」の意味は、

「家柄や地位などを受け継ぐこと」

「法律においては、人が亡くなった時、

その人の親族が財産の権利を受け継ぐこと」

です。

 

「相続」が使えるのは

家柄や地位、財産だけなので、

文化や考え方にも使える

「継承」よりさらに使用範囲が限定されます。

 

使い方は、

「本家を相続する」「彼が相続人となる」

「親の遺産を相続する」などです。

 

どうでしたか?

「継続」は便利な言葉なので、

言い換えると限定的な言葉になっていく

類語も多かったかもしれませんね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。