d343f2cdf3e06439d6d488108b58bd3d s e1518929297137 - 「優しい」の9つの類語とは?意味別で違いも解説!

この記事は約 2 分で読めます。

 
「優しい」という言葉は、

その人の性格や雰囲気などを

表す時に使う言葉です。

 

日常的に使う言葉なので、

意味を説明しようとすると

難しく感じる人も多いと思います。

 

今回はそんな「優しい」の意味から、

類語について考えていきたいと思います。

今知っておきたい言葉「令和」
今「令和(れいわ)」何年?意味や由来は?

「優しい」の意味は?

 
「優しい」の読みは「やさしい」です。

 

意味は

①「温和で好感が持てる」

②「思いやりがあり、情がある」

③「上品で美しい」

などがあります。

 

気性が激しくなく

気持ちも落ち着いている様子や、

周りに対して思いやりを持って

温かく接している様子の時に使います。

 

例えば、

「あの子は、動物にも優しい。」

などと使います。
 

スポンサーリンク


「優しい」の類語は?

 
「優しい」の類語は

先ほど紹介した3つの意味ごとに

存在しているので、

今回は9つを紹介します。

 

まずは、「優しい」の意味

「温和で好感が持てる」

という意味に対する類語です。

 

①「穏やか(おだやか)」

②「柔らか(やわらか)」

③「静やか(しずやか)」

b55afb22a82d2227f627c1d375548c7c s 300x200 - 「優しい」の9つの類語とは?意味別で違いも解説!

「穏やか」の意味は

「静かでのどかな様子」

「物静かで落ち着いた様子」

「無理でない様子」

などがあります。

 

人の気持ちが静かな様子を表すだけでなく、

状況が何事もなく静かな様子を

表す時にも使います。

 

例えば、

「今日は、とても穏やかな一日でした。」

などと使います。

 

次に、「優しい」の意味

「思いやりがあり、情がある」

という意味に対する類語です。

 

④「温かい(あたたかい)」

⑤「親切(しんせつ)」

⑥「情に厚い(じょうにあつい)」

298909262253237177eeaf296de5e877 s 300x200 - 「優しい」の9つの類語とは?意味別で違いも解説!

「温かい」の意味は

「気配りや思いやりがある様子」

などがあります。

 

人の内面から出た雰囲気や

行動に対して使う事が多くあります。

 

例えば、

「あそこの家族は、温かい人たちばかりだ。」

などと使います。

 

最後に、「優しい」の意味

「上品で美しい」

という意味に対する類語です。

 

⑦「優美(ゆうび)」

⑧「麗しい(うるわしい)」

⑨「しなやか」

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5 s 300x199 - 「優しい」の9つの類語とは?意味別で違いも解説!

「優美」の意味は

「派手でなく、上品な美しさがある様子」

などがあります。

 

その姿や仕草などが落ち着いていて、

物静かで上品な様子の時に使います。

 

例えば、

「彼女の動作は、一つ一つが優美である。」

などと使います。

 

「優しい」のように普段から

よく使う言葉については、

意味を正確に把握していない事がよくあります。

 

類語について考える上で、

言葉の意味をしっかりと把握する事は大切です。

 

その言葉が複数の意味を持つ場合は、

それぞれの意味ごとの類語と

使える状況の違いを理解しなければいけません。

 

「優しい」の類語として一括りで覚えてしまわず、

それぞれの意味ごとに整理し、

正しく使えるようになりましょうね。