七三つ

この記事は約 2 分で読めます。

この便利になった現代においても、

同じ漢字を3つ組み合わせた「品字様」

今では使われない「旧字体」

などの漢字は変換でも中々出てこないですよね。

 

今回はそんな漢字の1つである

「㐂」の漢字について注目してみます。

 

まず、さっそく気になる方が多い疑問

「人の名前に使えるの?」

と言うのを回答したいと思います。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 七3つの漢字「㐂」の読み方は?意味・使い方・名前の使用など徹底解説!
ことのは先生
「㐂」の
人の名前への
使用は昔は可能でした。
しかし、残念ながら
現在は使用不可となります。

昔の方ならこの漢字がついた名前もありますが、

今は居ないんですね。

 

それではここから読み方、意味、使い方

について解説していきたいと思います。

「㐂」の読み方は?

1120354 s 300x200 - 七3つの漢字「㐂」の読み方は?意味・使い方・名前の使用など徹底解説!

「㐂」の読み方は

音読みが「キ」

訓読みが「よろこ(ぶ)」

(カッコ内は送り仮名)

となります。

 

元の「七」はご存じの通り、

「なな・シチ」と全く違うことが分かります。

「㐂」の意味は?

4671390 s 300x200 - 七3つの漢字「㐂」の読み方は?意味・使い方・名前の使用など徹底解説!

どこの国でも「777」はスロットの当たりなど、

とにかく良いイメージがあります。

 

「㐂」の持っている意味は

先ほど訓読みをした際の読み方で

察した方もいるかもしれません

 

つまり、「喜ぶ」と同じ意味を持っており

「好み、よろこび、嬉しく思う、楽しむ」

が主に使われ、七が3つあることから

「お祝い、おめでたい」

と言った意味を含みます。

 

そもそもこの漢字は

「喜という漢字の草書体」

として使われていました。

 

草書体というのは、

「複雑な漢字をより書きやすくするために

簡略化した漢字のこと」

とされています。

 

ただ、厳密には「喜」の「草書体」ではなく、

「草書体を楷書体に変換して書かれた」

と言うのが正しいです。

 

「楷書体」とは漢字を読みやすいように、

崩し字にせずに書き記しています。

 

そのため、印鑑の認印の字や

パソコンの一般的字体にも使用されています。

「㐂」の使い方は?名前には使える?

board g4c2ecb4e8 640 300x200 - 七3つの漢字「㐂」の読み方は?意味・使い方・名前の使用など徹底解説!

「㐂」の使い方ですが、

基本的に「喜」が使われている言葉に、

「そのままこの漢字を当てはめる」

ことで使用が出来ます。

 

ただ、実際に見ると

・プレゼントをもらって、㐂んでいます

・㐂寿へ行きます。(喜寿を変換したお店の名前)

と、どうしても当て字のような形になります。

 

どちらかと言うと、

この漢字自体におめでたい意味を持っているので

店名やタイトルなどに使われることがほとんどです。

 

店名では特に和食料理店に多く、

「一㐂」「天㐂」「とん㐂」

などと名付けられます。

 

これらは

「一㐂」銀座のお寿司屋さん

「天㐂」京料理、天ぷらの専門店

(天ぷら会席料理を日本で始めにつくった)

「とん㐂」とんかつを提供している店

ですが、やはり覚えやすさ・良いイメージが

出る漢字とも言えそうですね。

 

どうでしたか?

残念ながら人の名前には使えませんが、

やはりおめでたい見た目の漢字です。

 

何かのタイトルなどで機会があれば、

「喜」の当て字で使ってみてはどうでしょうか?

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。