緊張

この記事は約 2 分で読めます。

「緊張」と言うと、

人前に出る時、特別な人と話す時、

特別なことを体験する時ですね。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「緊張」の意味から類語を解説!
ことのは先生
「緊張」を
ほぐすには
深呼吸が
最も効果的
と言う
研究結果が
あるようです

 

「緊張」は誰もが一度は

経験したことのある気持ちで、

きっとこれからも多く経験することでしょう。

 

では、そんな「緊張」の

辞書での意味や類語を

順番に紹介していきたいと思います。

「緊張」の意味は?

riccardo annandale 7e2pe9wjL9M unsplash 300x240 - 「緊張」の意味から類語を解説!

「緊張」の意味は、

「心身が引き締まること」

「不慣れな物事を体験して

心が張り詰めて体が硬くなること」

「揉め事が起こりそうなくらい

お互いの関係が悪くなること」

です。

 

使い方は、

「自分の出番が来て緊張する」

「自分は緊張しやすい性格だ」

「仕事の緊張感から一気に解放される」

「近隣諸国との緊張した関係を緩和したい」

などです。

「緊張」の類語は?

books g329ce56ad 640 300x200 - 「緊張」の意味から類語を解説!

では、「緊張」の言い換えには

どんな言葉があるのか紹介していきたます。

①「張り詰める(はりつめる)」

「張り詰める」の意味は、

「十分に張った状態」

「気持ちを引き締めること」

「緊張すること」です。

 

使い方は、

「敷地全体に板を張り詰める」

「神経を張り詰める」

「現場は張り詰めた空気だった」などです。

 

②「ストレス(stress)」

「ストレス」の意味は、

「環境や外的刺激、精神的なダメージで

心が緊張がすること」

「強さのアクセント」です。

 

使い方は、

「育児と家事でストレスが溜まる」

「ストレスを解消する」

「仕事がだんだんストレスに感じてきた」

などです。

 

③「過敏(かびん)」

「過敏」の意味は、

「何らかの刺激に対して極端に反応すること」

です。

 

使い方は、

「あの人は神経が過敏だ」

「知覚過敏で歯が染みる」

「彼は寒さに対して過敏だ」などです。

 

④「神経質(しんけいしつ)」

「神経質」の意味は、

「情緒不安定で

ちょっとしたことにも敏感に反応して、

自分は病気かも知れないと思うこと」

「細かいことまで気にすること」です。

 

使い方は、

「彼は神経質な性格だ」

「あの人は神経質になりすぎている」

「神経質すぎて落ち着かないでいる」

「新しい土地に移り住んで神経質になる」などです。

 

⑤「引き締める(ひきしめる)」

「引き締める」の意味は、

「引っ張って強めに締めること」

「精神を緊張させること」

「お金の無駄遣いを止めること」です。

 

使い方は、

「帯を引き締める」

「心身ともに引き締める」

「気を引き締めて試験に臨む」

「家計を引き締める」などです。

 

⑥「凝らす(こらす)」

「凝らす」の意味は、

「心の働きを特定の部分に集中させること」

「ひたすら考えを巡らせること」

「凝り固まらせること」です。

 

使い方は、

「息を凝らす」「目を凝らす」

「創意工夫を凝らす」「趣向を凝らす」などです。

 

どうでしたか?

「緊張」という言葉の言い換えは

やはりネガティブな言葉が多かったです。

 

良い意味で緊張する生活を

送りたいものですね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。