書く

この記事は約 2 分で読めます。

「書く」の敬語は目上の方との会話だけでなく、

電話、メールなどでもよく使われる頻出語句です。

 

そこで敬語の三法である

「尊敬語」「丁寧語」「謙譲語」

があり、それぞれを覚えることで

より幅広い方や状況に対応できます。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「書く」の尊敬・謙譲・丁寧語の全敬語7パターンまとめ!
ことのは先生
書くの敬語で
よく誤用されるのが
「したためる」
という語句です。

この「したためる」は

「認める」と漢字で書き、

「書く」という動詞の類語です。

 

では、ここから「書く」の

敬語表現を種類別で紹介していきたいと思います。

「書く」の尊敬語は?

kelly sikkema SDa3foPsj5o unsplash e1630132281604 - 「書く」の尊敬・謙譲・丁寧語の全敬語7パターンまとめ!

「書く」の尊敬語は、

①「お書きになる」

です。

 

尊敬語で多い「お~する」

敬語の法則に合致しています。

 

ちなみに合致しないケースは

「食べる」の尊敬語「召し上がる」

「言う」の尊敬語「おっしゃる」

と変化する場合が有ります。

 

尊敬語「お書きになる」を示しましたが、

ここではより丁寧な言い方として

②「お書きになります」

と言う表現がより自然な敬語とになります。

「書く」の謙譲語は?

5189758 s e1628498667944 - 「書く」の尊敬・謙譲・丁寧語の全敬語7パターンまとめ!

謙譲語は自分をへりくだった表現を

することにより、

相対的に相手に敬意を表すものです。

 

尊敬語が「お~する」と言う法則でしたが、

謙譲語の場合も「お~する」と言う法則に

あてはめるだけで謙譲語が完成します。

 

つまり、

③「お書きする」

が「書く」の謙譲語になります。

 

こちらも「お書きする」を

さらに丁寧にした場合、

④「お書きいたします」

となります。

 

また、こちらの表現、

⑤「書かせて頂きます」

この注意点も簡単に説明しておきます。

 

相手に代わり自分が書類を書く事で、

相手を敬う謙譲語として使う事が出来ます。

(④は正しい)

書類を代わりにお書きいたします。

(⑤は敬語としてはくどい)

書類を代わりに書かせていただきます。

 

「~させていただく」は自分の行動に対して、

相手の許可を必要とする場合に使います。

 

丁寧にしようとして、

「させていただく」を使いがちですが

逆に文章としてくどくなってしまいます。

 

⑤は敬語表現としてはくどいのですが、

私個人としては実際に最もよく

使われている表現だと思います。

 

多くの人が敬語だと違和感を覚えないので、

失礼にあたるとは思えないので

ここでは加えています。

「書く」の丁寧語は?

4886582 s e1630134099431 - 「書く」の尊敬・謙譲・丁寧語の全敬語7パターンまとめ!

丁寧語とは多くの日本語に適応される

「です、ます」を付けると、丁寧語が完成します。

 

ここで言う「書く」も

⑥「書きます」

というのが丁寧語になります。

 

最後に、冒頭でふれた「したためる」

 

「私が書きます」と同じ表現で

⑦「私が認(したた)めます」

と言う丁寧語となります。

 

手紙や本など、文章的なものだと

センスのある敬語と思われるかもしれませんね。

 

どうでしたか?

文字が生まれたのは、

紀元前四千年頃からだと言われています。

 

つまり人類は約六千年もの間、

文字を書き続けてきたと言うことになります。

 

この「書く」と言う言葉の敬語表現は

全て法則通りと言うこともあり、

おおげさに言うと

日本の歴史を感じる言葉なのかもしれません。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。