159a0a85c5908661b52e2ade693a3d1e s e1555415379877 - 「見学」の類語まとめ!意味の違いも解説!

この記事は約 2 分で読めます。

 
「見学」は小さい子供の頃から今に至るまで、

数えきれないくらい

経験してきたのではないでしょうか。

 

家族や友人と何かを

「見学」することもあれば、

学校や職場、地域活動でも

「見学」の機会はたくさんあるでしょう。

 

では、そんな「見学」について、

意味や類語を紹介したいと思います。

「見学」の意味は?

d53ec80d0e1077e067678f05adbda761 s 300x225 - 「見学」の類語まとめ!意味の違いも解説!

意味は、

「ある物事の実際の様子を

見ながら情報収集すること」

「怪我や体調不良などの事情で、

体育や運動部などで実技は行わずに

見て勉強すること」です。

 

使い方は、

「職場見学の機会を設ける」

「施設内を見学する」

「発熱のため体育の授業を見学する」

などです。

「見学」の類語は?

では、「見学」の主な6つの

類語を見ていきましょう。

①「見物(けんぶつ)」

b41ff10402a0a2db20fe42c55c0295e6 300x188 - 「見学」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「見物」の意味は、

「観光名所や催し物を見ながら楽しむこと」

「見物している人」

「面白くて見る価値のあるもの」です。

 

使い方は、

「お祭りを見物する」

「思ったよりも見物客が少ない」などです。

 

「高みの見物」と言って、

「第三者として気軽な感じで、

物事の成り行きをただ見ていること」

を意味する言葉もあります。

 

②「観覧(かんらん)」

9132386c2469254ce65b668b1f9d9815 300x200 - 「見学」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「観覧」の意味は、

「見物すること」です。

使い方は、

「個展の観覧に出掛ける」

「プロレスの試合を観覧する」などです。

 

「見物する人」のことを、

よく「観覧者」と言います。

 

③「参観(さんかん)」

db6a6f9724ae8dcea8c90e9ad18000b5 s 300x206 - 「見学」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「参観」の意味は、

「特定の場所に出向いて見ること」

「照らし合わせながら見ること」です。

使い方は、

「子供の授業参観に行く」

「皇居の参観をする」などです。

 

④「視察(しさつ)」

0bb5816dc469e4a2d69b0bcf0e0c377b s 300x200 - 「見学」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「視察」の意味は、

「実態を把握するために

現場に出向いて様子を見ること」です。

 

使い方は、

「被災地の視察に行く」

「飲食店を視察する」

「オリンピック予定地を視察する」などです。

 

⑤「拝観(はいかん)」

c2ad1b4451e6ee47f1e2a0b96ca4f28b s 300x200 - 「見学」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「拝観」の意味は、

「歴史建造物や宝物などを

謹んで観覧すること」です。

 

使い方は、

「宝物を拝観する」

「仏像を拝観する」

「お城の本殿を拝観する」などです。

 

また、

歴史建造物の書置きやパンフレットに、

「ご自由にご拝観ください」

と書かれていることがよくあります。

 

⑥「来観(らいかん)」

e5244fb762d57ae3d82848a9f889c8d7 s 300x200 - 「見学」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「来観」の意味は、

「見に来ること」

「実際にその場に来て見物すること」です。

 

「見物に来た人」のことを

「来観者」と言います。

 

例えば、

来観者に対してお話しする時に、

「ご来館の皆様」

と呼びかけることを聞いたことないですか。

 

他の使い方としては、

「劇場に来観した人に挨拶する」

「多くの方が施設に来観した」などです。

 

来ると言う意味が含まれているため、

基本的に「私が来観する」

のように使うことはありません。

 

どうでしたか?

私たちはこれからもきっと、

多くものを「見学」するでしょう。

 

その際もその場に合った

「見学」ができると良いですね。
 

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と言ったコメントをもらえるように書いています。