618019d28fad1ce2c7079ec146ab1c9f s e1548726068262 - 「機会」の言い換え「類義語」は?意味も解説!

この記事は約 2 分で読めます。

 
普段「せっかくの機会なのに残念。」

とか「また機会があったら

ご一緒しましょう。」

などと使うことはありますよね。

 

「機会」は実に便利な言葉で

せっかくのお誘いを断る時にも、

挨拶程度のお誘いをするのにも

使える便利な言葉です。

 

では、今回はそんな

「機会」の意味、類義語

もチェックしてみましょう。

「機会」の意味は?

「機会」の意味は、

「何かを行うのに丁度良い時期」

「何かを行うのに状況的に好ましい折」

などです。

d4c66726447fb07c6a067ee75b512e6d s 300x200 - 「機会」の言い換え「類義語」は?意味も解説!

日常的なシーンからビジネスシーンまで、

あらゆるシーンに使える無難な言葉です。

 

例えば、

「昇進の機会」「交流の機会」

「教育の機会」など、

自分にとってプラスになる

可能性のある出来事に

「機会」を付けて使うことがよくあります。

 

あるいは、最高の可能性に巡り合うと、

「絶好の機会」と言うこともあります。

 

また、

機会の内容は漠然としていても、

「また機会があったら」と挨拶程度の

お誘いをすることもできます。

「機会」の類義語は?

では、「機会」の主な類義語を

3つ紹介していきます。

①「好機(こうき)」

6b5b50a40ee0cd06ed44f59bad62b5fd s 300x200 - 「機会」の言い換え「類義語」は?意味も解説!

「好機」の意味は、

「行動を起こすのに丁度良い折」

「二度とないチャンス」です。

 

例えば、

「千載一遇の好機」「好機を逃す」

などの使い方があります。

 

また、

「好機逸すべからず」

(こうきいっすべからず)

と言う諺(ことわざ)があるのですが、

「良いチャンスは逃してはいけない。」

と言う意味です。

 

「本人に素質や努力があっても、

チャンスがなければ上手く行かない。」

と言うことでもあります。

 

②「時節(じせつ)」

3213eb8b616b95660e70a07e8767e444 s 300x199 - 「機会」の言い換え「類義語」は?意味も解説!

「時節」には

「何かを行うのに丁度いい機会」の他に、

「季節」「時勢」などの意味もあります。

 

「時節」を「機会」の意味で使うとしたら、

「時節を待つ」とよく言うでしょう。

 

「季節」の意味では、

手紙文で

「肌寒く感じられる時節となりました。」

「時勢」の意味では、

「時節をわきまえる」

と言うふうに使います。

 

「時節」は「機会」よりも長いスパンで、

チャンスを感じさせる言葉です。

 

③「チャンス」

4be5be2e68aced8797d507c924e58898 s 300x300 - 「機会」の言い換え「類義語」は?意味も解説!

「機会」の代わりに使っている方も

多い類義語と言えば、

「チャンス(chance)」でしょう。

 

「チャンス」は「機会」を

英語にしたものですが、

日本語の中でも自然な形で使われています。

 

例えば、

「絶好のチャンス」とそのまま

置き換えて使うこともできます。

 

この例からも分かるように

「チャンス」の意味は、

「機会」とほぼ同じで

「何かを行うのに丁度良い時機」です。

 

ただ、

英語では「機会」だけでなく、

「可能性」「偶然」の意味で

使われることもあります。

 

また、

「チャンス」は「機会」と比較すると、

親しみやすい言葉で目上の人よりも

親しい相手に使うことの方が多いです。

 

どうでしたか?

「機会」という言葉は友人に対しても、

目上の人に対しても安心して使える言葉です。

 

この言葉の使い勝手が良い分、

類語の方がその時に応じた

判断が必要な言葉となっていましたね。

◇関連記事