puzzle g3e20c96b9 640 e1633855303399 - 「置く」の類語まとめ!意味の違いも解説!

この記事は約 2 分で読めます。

「置く」と言う言葉は、

日常生活の中でよく使う言葉でしょう。

 

それだけに深い意味は考えずに、

何となく「置く」と言っていることが

多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな「置く」の意味から類語まで

解説していきたいと思います。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「置く」の類語まとめ!意味の違いも解説!
ことのは先生
類語の意味にも
自分の状況に
合った言い換え
のヒントが
あるかもしれません。

それでは、色々な言葉に注目しながら

読んでみて下さいね。

「置く」の意味は?

ed38e379e489726972c82bc0e6bf4fe8 s 300x201 - 「置く」の類語まとめ!意味の違いも解説!

「置く」の意味は、

「人や物を特定の場所に位置させること」

「人をある場所に残すこと」

「新しく何かを設けること」

「人をある職業や地位に付かせること」

「時間や空間に間を作ること」

「ある状態のままにすること」

「預け入れること」などの意味もあります。

 

使い方は、

「足を台の上に置く」「海外にも支社を置く」

「職場にサポート係を置く」「質に置く」

のような使い方があります。

「置く」の類語は?

eca50e96fbf8ae3df80016f396711b76 s 300x200 - 「置く」の類語まとめ!意味の違いも解説!

では、「置く」を言い換えた言葉を

6個紹介していきたいと思います。

①「据える(すえる)」

「据える」の意味は、

「物を特定の場所に固定しておくこと」

「建物を設置すること」

「人をある職業や地位に就かせること」

「心にしっかり決めること」

「厳しく見張ること」「捺印すること」

「お灸をすること」などの意味gあります。

 

使い方は、

「カメラ用の三脚を据える」「基地を据える」

「窓側に据える」「専務に据える」

「印を据える」「お灸を据える」などです。

 

②「敷く(しく)」

「敷く」の意味は、

「物を平らに広げること」

「物を乗せる前に平らに置くこと」

「設置すること」「配置すること」

「隅々まで行き渡ること」

「力で押さえつけること」

などの意味もあります。

 

使い方は、

「シートを地面に敷く」「庭に砂利を敷く」

「広範囲にネットワークを敷く」

「法令を敷く」などです。

 

③「配する(はいする)」

「配する」の意味は、

「割り当てること」「あしらうこと」

「流刑にすること」です。

 

使い方は、

「重要な場所に人を配する」

「庭に大きな石を配する」

「自分の前後に守りを配する」などです。

 

④「設ける(もうける)」

「設ける」の意味は、

「事前に用意すること」

「建物や機器などを設置すること」です。

 

使い方は、

「来賓席を設ける」「厳しいルールを設ける」

「相談窓口を設ける」などです。

 

⑤「就ける(つける)」

「就ける」の意味は、

「何らかの地位を与えること」

「ある人に指導を受けること」です。

 

使い方は、

「彼を総合職に就ける」「彼女をリーダーに就ける」

「有名なアーティストに就ける」

「強い武道家に就ける」などです。

 

⑥「残す(のこす)」

「残す」の意味は、

「とどめておくこと」

「元の状態にしておくこと」

「部分的に手を付けないでおくこと」

「貯め込むこと」

「消さずに現状維持しておくこと」

「後世に引き継ぐこと」の意味があります。

 

例えば

「子供を自宅に残して出掛ける」

「歴史ある町並みを残す」

のような使い方ができます。

 

どうでしたか?

「置く」はただたんに物を置くだけなく、

色々な意味を持っていました。

 

その為、言い換えも幅広い意味を持つ言葉が

多かったと思いますが

意味によって類語も選ぶ必要がありますね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。