責任

この記事は約 2 分で読めます。

「責任」と言う言葉からは、

重要な意味が感じられませんか。

 

とは言え、形の無いことなので

辞書での意味やそれを言い換えるとなると

中々思い浮かばないものです。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 「責任」の類語は?意味からニュアンスの違いも解説!
ことのは先生
英語でも
・responsibility
・liability
・duty
などがあり、
微妙なニュアンスの
違いを持つ言葉です。

それでは、今回は日本語での「責任」の意味、

類語との意味の違いなどを

順番に見ていきましょう。

「責任」の意味は?

5124911 s 300x212 - 「責任」の類語は?意味からニュアンスの違いも解説!

「責任」の意味は、

「立場的な状況から

果たさなければならない任務」

「自分の言動の結果として

起こった問題に対して責めを負うこと」

です。

 

法律的に

「違法行為を行った者が制裁を加えられること」

を意味することもあります。

 

使い方は、

「経営者としての責任がある」

「トラブルの責任は企業側にある」

「刑事責任を負う」などです。

「責任」の類語は?

ad16a0b17caa935d4771880807f3a168 s 300x225 - 「責任」の類語は?意味からニュアンスの違いも解説!

それでは「責任」を言い換えると

どんな言葉があるのか見てみましょう。

 

①「責め(せめ)」

「責め」の意味は、

「心身に負担を与えて追い詰めること」

「背負わされた責任や任務」

「刀の鞘や扇子の端にある、はめながら留める輪」

です。

 

また、横笛では

「強めに吹きながら鋭い高音を出すこと」

邦楽では

「終曲が近づいて高音や急調子になる部分」

などさまざまな意味を持っています。

 

使い方は、

「彼女は自分を責めに責めた」

「その責めを私が負うべきだ」

「違法行為の責めを負う」などです。

 

②「責務(せきむ)」

「責務」の意味は、

「果たさなければならない責任や任務」

です。

 

使い方は、

「政治家としての責務を果たす」

「これが医療従事者としての責務だ」

「しかるべき責務を怠る」

「大きな責務を担う」などです。

 

③「任務(にんむ)」

「任務」の意味は、

「責任を持って果たさなければならない務め」

です。

 

使い方は、

「任務を全うする」「重大な任務に就く」

「自分の任務を人に託す」

「特別任務を帯びている」などです。

 

④「義務(ぎむ)」

「義務」の意味は、

「立場的な状況から負わなければならない務め」

「倫理学に当たり前のようにすべきこと」

「法律的に課せられる拘束」です。

 

使い方は、

「国民としての義務を果たす」

「義務に縛られる」「道徳上の義務がある」

「納税の義務を負う」などです。

 

⑤「役目(やくめ)」

「役目」の意味は、

「役として果たさなければならない任務」です。

 

使い方は、

「これが親の役目だ」「役目を与えられる」

「こんな役目を持っている」などです。

 

⑥「務め(つとめ)」

「務め」の意味は、

「必ず果たさなければならない責任」

「企業に雇われて働くこと」

「仏道修行」です。

 

使い方は、

「納税は国民の務めだ」「国の務めを一人前にしている」

「毎日の務めを欠かさずに行う」などです。

 

どうでしたか?

「責任」と言う言葉なので、

類語も全てフォーマルな言葉でしたね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。