4cfd6a6e643d02946ea6d2af4bd50b8f s e1533789847493 - 「協力」の類語は?その言い換えの意味の違いも紹介!

この記事は約 2 分で読めます。

 
「協力」は自分が協力する側なのか、

される側なのか。

 

状況によって「協力」という言葉は変化します。

 

そんな時はその状況に適した言葉を

使う必要もあります。

 

今回はそんな時のために

「協力」の類語についてまとめました。

今知っておきたい言葉「令和」
今「令和(れいわ)」何年?意味や由来は?

「協力」の意味は?

「協力」の意味は

「力を合わせて事にあたること」です。

使い方として

「協力を仰ぐ、事業に協力する」

などがあります。

 

複数人で物事にあたる場合に使う言葉ですが、

協力する人数に制限はありません。

 

また、個人に限らず、

企業、国家であっても

複数関わって事にあたれば

「協力」を使います。

 

人々が「協力」する理由は、

相手を想っての行動であったり、

自己や社会的利益を考えての行動であったりと、

様々な理由が考えられます。

スポンサーリンク


「協力」の類語は?

①「互助(ごじょ)」

057018e8a3b40e0529b63d2f185fd9ab s 300x200 - 「協力」の類語は?その言い換えの意味の違いも紹介!

「互助」の意味は、

「互いに助け合うこと」です。

主に「力を合わせて目的に進むこと」

と言う内容として使われます。

 

家族・友人・クラブ活動仲間など、

個人的な関係性を持つ人間同士の集まりを

指す言葉として使われることが多いです。

 

更に自治会やボランティアグループ、

NPO等など幅広い範囲の

協力団体などでも「互助」が使われます。

 

主に当事者の周囲にいる近しい人が、

自発的に関わることに関して「互助」を使います。

 

②「合作(がっさく)」

6a4ff539837161fa12c428035b0697a3 s 300x200 - 「協力」の類語は?その言い換えの意味の違いも紹介!

「合作」の意味は、

「一つの作品を多人数で

共同作業し制作すること、

またその制作物のこと」です。

 

「互助」と「合作」の違いは、

「互助」が助け合いを

目的とした言葉だったのに対して、

「合作」は二人以上の複数の

人物、団体、国、企業などが共同して

何かを作り上げるという点です。

 

何かしらの作品を

複数で作り上げる時に「合作」を使います。

 

③「援助(えんじょ)」

b8dc1d1ac3cd55f95efff943ed557ee3 s 300x169 - 「協力」の類語は?その言い換えの意味の違いも紹介!

「援助」の意味は、

「困っている人に力を貸すこと」です。

 

「互助」と「合作」が

互いに協力する関係だったのに対し、

「援助」は片方がもう片方へ

力添えすることを指します。

 

主に「相手の代わりにやってあげる」

といった意味になり、

相手の作業を肩代わりする場合などに使います。

 

④「支援(しえん)」

fa1f6e6b8e7da5eb17df9c9d07014828 s 300x225 - 「協力」の類語は?その言い換えの意味の違いも紹介!

「支援」の意味は、

「苦境にある人・団体に力を添えて助けること」

です。

 

「援助」と似た意味として使われる

「支援」ですが、

「援助」が相手の肩代わりとして

作業を行う意味だったのに対して、

「支援」は相手を手助けして、

一緒に作業を行うと言う意味として使われます。

 

「協力」の類語は、

協力する人数や所属するグループ、

誰から誰に対しての協力なのか、

また協力する内容によって

言葉を使い分けることができます。

 

普段何気なく使っている言葉ですが、

言葉の使い分けを知ることで、

本当の意味についても知ることが出来ます。

 

これらの使い分けをしっかりと身に付け、

正しい言葉の使い方が

出来るようになりましょう。