729ed688728b9b59b38afaa444f6c0fd s e1548898651619 - 「収入」の意味から対義語を徹底解説!

この記事は約 2 分で読めます。

 
家計のやりくり、会社の経済状況などで、

思っている以上に身近な

「収入」という言葉。

 

しかし、身近なだけに

「収入の対義語は?」と聞かれると、

少し迷う方が多いでしょう。

 

では、今回はそんな

「収入」の意味、対義語

などを見ていきましょう。

今知っておきたい言葉「令和」
今「令和(れいわ)」何年?意味や由来は?

「収入」の意味は?

「収入」の意味は、

「誰かが納めた金品が自分の物となること」

です。

 

また、

「自分の物となった金品そのもの」

を意味することもあります。

 

例えば、

「収入が多い」「臨時収入があった」

「生活に困らないだけの収入」「主な収入源」

など、様々な使い方ができます。

 

会社などでは、

「収入伝票」とか「収入印紙」などの

名前が付いたものは、

見かけたことのある方も多いですよね。

「収入」の対義語は?

「収入」の対義語は、

「支出(ししゅつ)」です。

b52599af02822f821cf2cb785540d5ff s 300x200 - 「収入」の意味から対義語を徹底解説!

「支出」の意味は、

「何らかの目的があって、

自分の持っている金品を支払うこと」

です。

 

こちらも同様に、

「何らかの目的のために支払う金品そのもの」

を意味することもあります。

 

使い方としては

「支出を抑える」「〇年度支出」

「経費を支出する」などがあります。

 

この「支出」という言葉は、

「収入⇔支出」のようにセットとして

使われることも多いです。

 

例えば、

家計簿には「収入」「支出」の欄があって、

対をなすお金の動きとされています。

「収入」の対義語の言い換え方は?

では、「支出」の対義語に

似た言葉を3つ紹介していきます。

①「出費(しゅっぴ)」

d96d939e248d9a271d8c88ad37d0e960 s 300x200 - 「収入」の意味から対義語を徹底解説!

「出費」の意味は、

「何らかの目的のために、

自分の持っているお金を支払うこと」

「何らかの目的のために

支払うお金そのもの」

です。

 

「支出」と大体同じような意味ですが、

支出はお金だけでなく

品物に対しても使える言葉です。

 

一方、「出費」の場合は

「費」が付くくらいですから、

主にお金が対象となります。

 

例えば、

「出費が多くて家計に響く」

「出費がかさむ」「度重なる出費」

などの使い方ができます。

 

②「失費(しっぴ)」

05a7cf2fb9d3230b6281270f49e9508a s 300x200 - 「収入」の意味から対義語を徹底解説!

「失費」の意味は「費やしたお金」で、

どちらかと言うと

無駄遣いや浪費の意味合いが強いです。

 

例えば、「失費がかさむ」

のような使い方ができます。

 

「支出」「出費」との大きな違いは

目的の有無の部分ですね。

 

③「歳出(さいしゅつ)」

d05d304367aeb279ad2895c587172164 s 300x200 - 「収入」の意味から対義語を徹底解説!

「支出」も国・自治体など、

規模が大きくなると「歳出」

という言葉を使うこともあります。

 

「歳出」の意味は、

「国や自治体の年度のトータル支出」です。

 

国や自治体のホームページ、ニュースで

よく見かける言葉ですが、

家庭ではあまり使いでしょう。

 

家庭だと年度のトータル支出を出しても、

「歳出」ではなく「合計支出」

とすることが多いです。

 

どうでしたか?

「収入」の大体の意味は、

多くの方が知っているでしょう。

 

しかし、

対義語は少し難しい言葉になっていたので

しっかり覚えておきたいですね。
 

◇関連記事