791499a7917f88ad0505ce3de260670d e1516444739607 - 「分水嶺」徹底解説!読み方、意味、類義語、英語まとめ!

この記事は約 2 分で読めます。

 
「分水嶺」という

言葉を知っていますか?
 

あまり耳慣れない言葉で

知っている人も少ないと思いますが、

社会的に大きな出来事が起きそうな時には、

見聞きする可能性がある言葉です。
 

今のうちに、

言葉の意味などを学んでおきましょう。
 

今回は、

「分水嶺」という言葉の意味

についてまとめました。
 

今知っておきたい言葉「令和」
今「令和(れいわ)」何年?意味や由来は?

「分水嶺」の読み方と意味は?

「分水嶺」の読み方は、

「ぶんすいれい」

です。
 

「分水嶺」の意味は、

  • 降った雨水を異なった水系に分ける山稜
  • 物事がどうなるかの分かれ目

などがあります。
 

山に雨が降ると、

その稜線で水の流れが分かれ、

違う河川へ流れていく事になります。
 

その境界線となっている山稜の事を、

「分水嶺」と言います。
 

その意味から、

歴史や人がその後に

大きく動いていくような出来事や

その原因となった人物や作品を

指すようになり、

「物事がどうなるかの分かれ目」

という意味が派生しました。
 

「分水嶺」の使い方と例文

あまり使われる事がない言葉ですが、

「分かれ目」と考えると、

わかりやすいと思います。
 

例文としては、

  • 日本列島を、日本海側に流れる水系と
  • 太平洋側に流れる水系に分ける分水嶺を

    中央分水嶺と言います。

  • この会議は、今後の会社にとっての
  • 分水嶺となる重要な会議だ。

  • 関ヶ原の戦いは、
  • 徳川家康が天下を統一する分水嶺となった。

  • 私の人生の分水嶺とも言える
  • 出来事は、恩師との出会いである。

などがあります。
 

スポンサーリンク


「分水嶺」の類語は?

「分水嶺」の類語は、

重要な方向転換をする時に使う

「転機」

物事がどうなるかが決まる場所や

場面を意味する

「分かれ目」「分岐点」「岐路」

などがあります。
 

「分水嶺」の英語は?

791499a7917f88ad0505ce3de260670d 1 300x200 - 「分水嶺」徹底解説!読み方、意味、類義語、英語まとめ!


 
「分水嶺」を英語で表わすと、

「watershed」

が当てはまります。
 

「watershed」は、

「分水嶺」のどちらの意味でも

使う事ができますが、

「降った雨水を異なった水系に分ける山稜」

を意味する場合であれば「divide」
 

「物事がどうなるかの分かれ目」

を意味する場合であれば

「turning point」

なども使う事ができます。
 

「分水嶺」という言葉について

「物事がどうなるかの分かれ目」

という意味として使われる

「分水嶺」ですが、

類義語である「転機」や「分岐点」

という言葉が広く浸透して

使われているために、

見聞きする機会は少ないと思います。
 

その少ない機会に遭遇した時に、

すぐに意味が理解できるように

しっかりと覚えておきましょう。
 

ただし、意味や使い方が

わかっているからといって、

安易に使うと相手が

理解できない事もあります。
 

相手にとって、

わかりやすい言葉を使う事を、

心掛けるようにしてください。