金3つ

この記事は約 2 分で読めます。

「鑫」は金が3つあるので

「金塊なのかな?」

と思う方も多いかもしれません。

aedea0b708891d768b69aa6f25e6ed71 e1580428424256 - 金3つの漢字「鑫」の読み方、意味、使い方を解説!
ことのは先生
こういった
木3つで森など
3つ同漢字から
成る文字のことを
・品字様
(ひんじよう)
と呼びます。

品字様は種類は少ないですが、

その中から「鑫」に注目して

解説していきたいと思います。

 

では、読み方や意味、

使い方あたりを見てみましょう。

「鑫」の読み方は?

d53ec80d0e1077e067678f05adbda761 s 300x225 - 金3つの漢字「鑫」の読み方、意味、使い方を解説!

「鑫」の読み方は
 
音読み:キン・コン

音読み:クン・キョク・ピンイン(中国語の読みではシン)

 

ちなみに、「金」の読み方は

音読み:キン・コン

訓読み:かね・かな こがね

となり、音読みは全く同じものを持ちます。

「鑫」の意味は?

invalid account CMN LXiQfX8 unsplash 300x300 - 金3つの漢字「鑫」の読み方、意味、使い方を解説!

「鑫」という漢字には、

・お金や財産が多い様子のこと

・富んでおり、栄えている様子のこと

・お椀や丸い器

と、主に3つの意味があります。

 

意味の中でも特に

「お金や財産が多い様子」

を指すようになった歴史が長いです。

 

この漢字についての記載のある書物は稀で、

13世紀頃の中国(当時は「金」という国)で

編纂された本「五音篇海」

(正式名称『改併五音類聚四声篇』)
 
にその記載があります。

 

この本はいわゆる辞書のようなもので、

「収録されている漢字数は約50000字」

と超長編の書物となっています。

 

この本に載る漢字は様々な漢字を採用しており、

それ以外の文献では中々お目にかかれない漢字が

多く載っていることも特徴の1つです。

 

他にも本に載っている漢字の順番が

頻出する部首を先に書いており、

その中で部首の画数が少ない順で並べると言う

当時ではとんでもなく優れた辞書と言えます。

「鑫」の使い方は?

57f11fcfad14636377af1d17b13d8d31 s 300x200 - 金3つの漢字「鑫」の読み方、意味、使い方を解説!

「金」を3つ重ねた漢字であるだけあって

たくさんのお金や栄えている様子表すのは

理にかなっており、

「金をたくさん持っている→鑫をたくさん持っている」

のように表現することは可能ですが、

少々当て字感が出るのは否めません。

 

実際に「鑫」がよく使われるのは、

お店の名前に使われることが多いです。

 

やはり、縁起を担ぐためにも使用され

「お店が繁盛してたくさん儲かりますように」

という思いが込められています。

 

店名を幾つか挙げますと

「汪鑫・鑫隆園・康鑫・鑫鑫・三鑫飯店」

等々、名前だけでも

何だか縁起の良いお店に思えますね。

 

この漢字はお金がたくさんある様子や

お椀の意味を示すものの他に

「五行」関連でも使用されることがあります。

 

五行とは火、水、土、木、金から成っており、

例えば自分の生年月日や日付、干支なども

この五行の組み合わせによって

成立されているという考えです。

 

どちらかと言うと、

スピリチュアルな意味になってしまいますが、

「自分の運命を決定付ける漢字」

ともされています。

 

どうでしたか?

ほとんど見ることの無い漢字ですが、逆に

お店の名前や何かのタイトル・キャッチフレーズに

使うのは効果的と言えますね。

◇関連記事

この記事の監修者

ことのは先生
ことのは先生
現役の国語教師です。形式的なWeb辞書のようなものではなく「分かりやすい!面白い!」と思ってもらえるサイトを目指します。