e6f186d8bce0c2e39dc26e1368c0e08a s e1518839672412 - 「素晴らしい」の7つの類語とは?その意味や使い分けも!

この記事は約 2 分で読めます。

 
何かを褒める時に、「素晴らしい」

という言葉を使う事があります。

 

褒める時に使える言葉は

他にも多く存在しているのに、

なぜ「素晴らしい」という言葉を

選んだのでしょうか?

 

類語の中から無意識に使い分けているだけで、

意味までは考えていない事が多くあります。

 

使い分けという事を意識しながら、

「素晴らしい」の類語を

説明していきたいと思います。

今知っておきたい言葉「令和」
今「令和(れいわ)」何年?意味や由来は?

「素晴らしい」の意味は?

 
「素晴らしい」の読みは

「すばらしい」です。

 

意味は

「非常に優れていて立派である」

「大変好ましい」

「程度が普通を超えている」

などがあります。

 

客観的な評価でも主観的な評価でも、

好意的な物事に対して使う事ができます。

 

例えば、

「彼女の料理の手際は、素晴らしい。」

などと使います。
 

スポンサーリンク


「素晴らしい」の類語は?

 
「素晴らしい」の類語は非常に

多く存在しているので、

主な7つの類語を紹介します。

①「素敵(すてき)」
 
73fe4419d76884b2ba58c911d59e1a35 s 300x225 - 「素晴らしい」の7つの類語とは?その意味や使い分けも!


 
「素敵」の意味は

「心が惹かれ、気に入る様子」

「程度が普通を超えている様子」

などがあります。

 

主観的な評価で、自分の感覚に合っていて、

それを気に入れば客観的な評価に

関係なく使う事ができます。

 

例えば、

「彼は、いつも素敵な作品を作る。」

などと使います。

 

②「凄い(すごい)」
 
5116748f5a8913f6c58c70eb9d8f2d01 s 300x169 - 「素晴らしい」の7つの類語とは?その意味や使い分けも!


 
「凄い」の意味は

「驚くほど優れている」

「程度が普通を超えている」

「恐ろしい」

などがあります。

 

恐ろしくなるほど並外れている時であれば、

好意的な物事にも好意的でない物事にも、

使う事ができます。

 

例えば、

「あの女優さんは、凄い美人だ。」

などと使います。

 

③「立派(りっぱ)」
 
93ce8f5d08e89f258cbd6494efc3d27d s 300x200 - 「素晴らしい」の7つの類語とは?その意味や使い分けも!


 
「立派」の意味は

「非常に優れている様子」

「堂々としている様子」

「欠点のない様子」

などがあります。

 

堂々として見事な様子や

その豪華さを表す時に使います。

 

人に対して使う時は、

その人の内面や行為について

使われる事が多くあります。

 

例えば、

「会議の進行役を、立派に務めた。」

などと使います。

 

その他にも、

美しく輝きがある時に使う

④「華々しい」

文句なく完璧な時に使う

⑤「見事」

非常に優秀な時に使う

⑥「輝かしい」

物事の性質を評価する時に使う

⑦「良い」

なども類語になります。

 

「素晴らしい」とその類語を通して、

優れているものを褒める時に

使う言葉を考えてみました。

 

褒めるという点では共通であっても、

それぞれに微妙な違いがあり、

その違いによって

相手への伝わり方も変わります。

 

その違いを知り、正しく使い分ける事で、

自分の気持ちを正確に伝えられるようになります。

 

そのためにも、普段から

類語を意識できると良いですね。