f9439152ea6080ca6001f67d8e0b8ed7 s - 「開催」の類語とその意味、使い分けまとめ!

この記事は約 2 分で読めます。

 
街中やネット上で

「イベント開催中」

「キャンペーン開催中」

という言葉が飛び交っています。

 

あらゆる所で使われているため、

あまり印象に残らないように感じます。

 

そんな「開催」という言葉を

似たような意味を持つ言葉に置き換える事で、

少し印象を変える事ができないか

「開催」の類語を調べてみました。

今知っておきたい言葉「令和」
今「令和(れいわ)」何年?意味や由来は?

「開催」の読み方、意味は?

 
「開催」は、「かいさい」と読みます。

 

「開催」の意味は

「会や催し物などを開き行う事」す。

 

誰がどのように開いているかは関係なく、

会や催し物などが開かれている時に使います。

 

例えば、

「近くの公園で、バザーが開催されています。」

などです。
 

スポンサーリンク


「開催」の類語は?

 
「開催」の類語は多数あるので、

その中の代表例を6つ紹介します。

①「挙行(きょこう)」
 
6b27ec96c60b29bb116510b77bc1f62b s 300x200 - 「開催」の類語とその意味、使い分けまとめ!


 
「挙行」の意味は

「式や行事などを行う事」です。

 

日常的に用いられる事は少ない言葉ですが、

式典などに使われる事が多くあります。

 

特に結婚式の時には「挙式」とも言います。

 

例えば、

「卒業式を挙行します。」などです。

 

②「執り行う(とりおこなう)」
 
11a411689b8c97416f79975ffec40e5f s 300x200 - 「開催」の類語とその意味、使い分けまとめ!


 
「執り行う」の意味は

「式や祭りなどを行う事」「実際に行う事」

などがあります。

 

「実際に行う事」という意味が示す通り、

式や祭りなど以外にも使われる事が多く、

「行う」の改まった表現として用いられます。

 

例えば、

「その業務は、私が執り行います。」

などです。

 

③「主催(しゅさい)」
 
cd801748bcb2e1e7da4fe73fa22f3088 s 300x186 - 「開催」の類語とその意味、使い分けまとめ!


 
「主催」の意味は

「主体となって会などを行う事。

また、その人物や組織・団体の事」

です。

 

その人物や組織・団体が主体となって、

会や催し物などが行われている時に使います。

 

例えば、

「このマラソン大会は、市が主催しています。」

などです。

 

この他にも、

二つ以上の組織や団体が

主体となっている時に使われる

④「共催」

政治や裁判などに関する時に使われる

⑤「執行」

計画などを実際に行う時に使われる

⑥「実施」

なども、広義では類語になります。

 

今回は「開催」の類語を紹介しました。

 

結果として、

「イベント開催中」や「キャンペーン開催中」

という時は、「開催」または「実施」が

適しているように思います。

 

類語は考え始めると

どこまでも広がっていってしまいます。

 

しかし、ある言葉を

類語に置き換えるためには、

適した類語を選ばなければいけません。

 

それぞれの言葉の意味や使い方を

知っておく事で、意味が人に正しく伝わる言葉を

選ぶ事ができるようになります。

 

類語をきっかけに、

色々な言葉の意味を知っていくのも

楽しいかもしれませんね。